• 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

無意識を意識してみよう

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

台風が来たり涼しい夜があったりですが・・私の中ではまだまだ夏です!

本日の内容はとっても大事な事なので、さっそく本題に入ります。

 

 

今、膝が痛いのですよ。

 

私は気を抜くと、左腸腰筋近辺にすぐ違和感が出ます。それを無意識に2週間ほど放置した結果・・月曜から左膝が激痛です。やってしまいました。

 

自分で考えている原因は4つです。

①X脚で膝が若干内側を向いている

②骨盤が左に傾き気味

③大腿四頭筋の筋量が「これ以上落ちると不調になるよ」というデッドラインを超えて低下している

④ドローインして体幹を維持していないと骨盤が後傾する。最近は後傾気味。

 

という感じで、様々な人に教えて貰った「あなたはこれをしないと不調になるよ」という事が全部はまってます。いつもは意識をしてコントロールしているのですが最近他に考える事が多くコントロールが外れました。

怪物になるジムでスクワットやランジばかりやっていましたが、退会してから貯筋も底をつきましたね。元来の怠け癖が炸裂しています。

とりあえず「④に対して努力しないですぐにできそうな事」として名駅の支配人が使っている骨盤調整チェアをポチりました。

 

 

潜在意識の存在

 

「名駅支配人の愛用アイテムを買う」という行動。それは「意識してドローインできてないから、無意識で調整できるようにしよう」という考えです。この無意識の事を潜在意識と言います。

 

潜在意識について、私はこちらを参考にしているので引用して説明します。

出典:株式会社CCO 潜在意識の五段階(世界が一瞬で変わる潜在意識の使い方)

https://www.c-c-o.jp/method/

 

理論は理論、メソッドはメソッドでしかないので、日常で使いこなすには「自分に当てはめて使ってみる」という方法が一番早いと思っています。

 


という事で今回も私のメモ公開。

こちらが、様々な人の潜在意識にありそうな事を書き出したものです。

 

拡大すれば見える・・かな。

「骨盤調整チェアを買った」という行動はたった1%の中の事で、その行動は前段階の無意識が99%決めているんだよ。という図です。

行動という意思決定への影響力は下に行けば行くほど強いです。

 


私の行動に当てはめて説明しましょう。

 

①オリジナルマインド(本当の自分)

飽き性・怠け者・好奇心・大雑把・細かい事を気にしない

②アイデンティティ(在り方・こだわり

プロ・品質の高い仕事・価値を生む・喜ばせる・良い影響を与える・楽しみたい・かっこよさ・自分らしさ

③エネルギー(健康)

②を実行する為に常に85点以上を死守する!

腸と肝臓と睡眠大事・喉弱い・煙に弱い・あ、膝が痛い。

④認知(捉え方・感情)

膝が痛くて頭の動きが鈍い・・何とかしなくては!焦る感情

⑤思考

トレーニングするとして、今すぐできる事は・・そういえば名駅の支配人の椅子に座った時、骨盤がいい具合に立ったな。とりあえずすぐに手に入れよう。

という無意識の働きがあって、意識上の行動「購入」をしたという流れです。

 

下から順に進んでいって「健康」でストップがかかると、その上の「認知・思考」が本来通りの働きをしなくなり、行動が変わってしまうという当たり前の事ですね。健康を突破しても、次のイメージ(解釈)で「これは自分には必要ない」と捉えて止まってしまったり、感情で「あの人の言う事は聞きたくない」等でストップすると、行動まで行き着かないという事になります。

 

もし「膝が痛い」というトラブルが発生しなかったら、私の認知は通常通り働いて「プロとしてもっといい人財開発の仕組みを考えよう、社員の皆さんの役に立つ事はないかな、困っている人はいないかな」という思考がフル回転し、どんどん行動していた事でしょう。行動した数の分だけが「満足いく成果」に近づきます。

 


というように、行動の99%を無意識が支配しています。その無意識を自分のコントロール下に置けたら、むちゃくちゃいいと思いませんか?アイデンティティ、つまりどう在りたいか、どう生きたいかという夢が叶うんですよ。悩む事も減るでしょうし、自分らしく生きられます。

 

皆さんご自身や、周囲の友人、お客様、上司、部下に至るまで「なかなか行動が変わらないな」という人がいたら、潜在意識、無意識の5つのどこかに「変われない理由」が見つかる事でしょう。仕事の場合その多くは「認知」にあると言われますが、そもそも認知はアイデンティティありきの事です。

これも自己理解の一環ですので、ここまで読んでくれた方は是非下から順番に自分はどうかなと考えて書き出してみてください。下から上まで一貫性があるはずで、違和感のある項目があればそれを掘り下げていく事で「変われない原因」や「コントロールできない原因」が解決するかもしれません。

 

以前「在り方が大事」と発信しましたが、在り方こそ無意識を決める土台になります。注意点として、本当の自分を認め、受け入れた上で在り方を考えてみてくださいね。私は怠け者の自分を受け入れた上でプロ人財を在り方にしてますよ。

 

そして我々の提供する商品「健康」は人の行動、つまり人生を決める無意識の中でも3つ目に出てくる超重要な要素を提供しているんだよって事ですね〜

どんな販促がいいとか、どんな訴求テクニックがあるといった行動を考えるのも大事ですが、まず自分、そして目の前のお客様の潜在意識はどうだろうか?と真剣に考えてみてください。

 

明日はチーフ研修ですね。該当の皆さん頑張りましょう。

また来週〜

 

膝に詳しい優しいトレーナーの方、私の無意識にぴったりの提案を楽しみに待ってます!

 

部下育成の考え方「成長=発達」

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

 

8月9日4時。ハクヨグループ100周年記念祭、盛大に行われましたね。

みなさん感想を送られていた通り、それぞれが感じた事を業務に活かしていって欲しいと思います。

 

人財開発道のコメントにも自己開示をしてくれる方が増えました。楽しく読ませてもらってます〜。返信も評価もしませんので、引き続き自由にコメントしてくださいね。

 

 

最近の出来事

①右脳を鍛える夏

平成最後の夏。テーマは脳の鍛錬です。左脳はHR業界にどっぷり。では右脳は?

右脳といえば音楽・芸術。まずは大好きなライブは外せませんね。私にとって何よりのご褒美となりました。

 

あとは隙間時間を使って映画を観たり・・

 

一目見て気に入った作品のアーティストにお願いして、何枚かプロフィール写真を撮影してもらったりしてました。基本夏は受けていないそうですが「夏が一番元気なのでそこをなんとか!」と無理を言って撮ってもらいました。さすがプロです。滝汗とは思えない出来栄えでした。

 

疲労を気にせず時間を目一杯使ってスケジューリングすれば、色々な事ができるものです。

暑い中、熱のある方ある方へ向かう夏・・映画は熱かったですね。一般的に億単位の制作費を使う映画の多い中、300万円の制作費でこれだけの人を集めるのですから。みなさんも是非鑑賞してみてください。

 

私の「在り方のこだわり」の一つに「プロ」という言葉があります。プロになりたいならプロから学べって事だなと改めて感じました。音楽とか映画とか写真というのは完全に右脳の世界観で、私のように「どちらかというと頭が固い方の人間」にとっては、気づきが多いですね。

プロのアーティストに「今まで「これはすごかった!」という印象に残っている仕事は?」という質問をした際、一番辛かった仕事の話をしてくれました。プロになる過程で辛い経験は山ほどあります。その時かなり冷静に計算機のように自分のこだわりと照らし合わせ、早期に意思決定し笑い話にするというプロセスを踏む強さがあるという学びを得ました。

 

②左脳を鍛える夏

テーマである「HR(Human Resource・Relations)つまり人事・人財開発のこと」について知識を根っから整えるために公休を使って学校に通っています。内容は人事コンピテンシー研究の歴史からです。

結論を言うと、とことん恥をかいて進んでいます。やはり私は恥をかくとか失敗する事には耐性があるようで、メンタルダメージが少ないようです。

日頃みなさんに主体的に!当事者意識!と声高に言っているのに、一歩外に出ると反省する事ばかりですね〜。失敗する人の気持ちと原因がよく分かるのが私の長所。ということで今回の失敗を3つだけ紹介しましょう!

 

★一つ目!

常識レベルの知識すらないまま参加。

講座が始まってすぐ「ウルリッチさんが〜」というワードが頻出しました。どうやら業界では常識のようです。人事コンピテンシー研究の第一人者で、研究に人生を捧げている方です。序盤で「ウル・・リッチ?」となり、無知のままのこのこ参加した自分を恥ずかしく思いました。その場でこっそりamazonで何冊もポチ。次回までに暗記ですねこれは。

 

★二つ目!

英語・・

学びはウルリッチさんの研究資料が軸になっているのですが、当然ウルリッチさんは日本人ではないからね。

出典資料が全部英語なんですよ。説明も基本は英文を使います。ちゃんと英語勉強しておけばよかったな〜と思いますが、今できる事は「瞬時翻訳して脳に叩き込む」くらいなので、切り替えて翻訳機能を駆使して授業について行きました。半年分の集中力を使った気がします。

 

★三つ目!

無意識の受け身ちゃん

「この講座に〇〇円投資したから、多くの知識が得られるに違いない!」という期待。これ油断なんです。気をつけている私でもちょっと投資するとすぐに受け身ちゃん、くれくれさんが顔を出すんだな。という人間の業みたいなのをやらかしてしまいました。

いくら投資しようが、その場に参加していようが、自分の強い意志と情熱と「行動」がなければ何も得られるわけがありません。今はお金と時間を投資して「経験値を取りに行く」という時代です。HR業界の中でも華々しい経歴の方々の中で、自分が最も劣位である覚悟が全く足りませんでした。あと5回あるので挽回してみせます。

 

一つだけ救いがあるとすれば、繰り返し行うケーススタディにおいて・・

どのケースもすんなりイメージできたという事です。人財開発部とはいえ、組織開発全体に関わらせてもらっている経験がこういった時に活きます。成長するベンチャー企業に入社してよかったなと思う瞬間です。

 

 

本日の内容

前置きが長くなりましたが、お盆の間にもキャリア面談が着々と進んでおります。一人一人毎回の内容をメモしているのですが、前回よりも私の質問項目が増えた分、みなさんが発信する分量が増えていますよ。

多い言葉は「成長したい」であるあたり本当に頼もしいですね。成長というと人によって解釈の幅があるので、私は「発達」と捉えています。

 

本日は私が面談の時に使っているいくつかのフレームの中でも重要なメモを共有します。きっと皆さんが部下育成などで悩んでいる事にも通じると思います。

↓こちらです。(見えるかな・・)


発達段階と特徴を表したものです。ロバートキーガンさんの提唱する「成人発達論」を私なりに自身の業務に当てはめたものです。(常にブラッシュアップしています)

この表のルールは以下です。

 

①「飛び級はできない」

例えば②の「利己的」な人が急に④「自己主導」になる事は不可能で、必ず③の他者依存を経由するというものです。なので②の人には③に進むフォローをしてあげるのが正解で、④を一生懸命説明しても「うざいな〜」と思われるだけで発達しません。

 

②遠い段階の人の言う事は「意味がわからない」

隣の段階の人の言う事が一番納得しやすいという傾向があります。④の人が②の人に「もっとさ〜主体的に考えようよ〜」と言い続けてもあまり変わらなかったりしませんか?離れた段階の人の言う事は「何言ってるかわからない」(恐怖)という状態なのです。もし誰にでも合わせて遠くを見せられる人がいたら、その人はプロです。簡単には真似できません。近い段階の人に上手く伝えてもらう、もしくは自分の伝え方を変えるなど工夫をしましょう。

 

③教育担当を③どっぷりの人が実行すると育ちにくい

慣習的な思考のままで人を教育すると慣習的以上の教え方のネタがないので、よくないと言われています。よって人を教育するのはベストは⑤段階の人、もしくは⑤を目指す④段階の人が良いです。当社では④になってほしい③の人を指名する事が多いですよ。理由は④と⑤が足りないからです。

誤解のないように言うと、③の人も組織全体にとって無くてはならない大切な存在です。

 

おまけ

どの組織でもよくある事象として「自分は④だと思い込んでいる②が多い」との事です。自己主張という面で似ているところもあるので勘違いしやすいのかもしれません、そういう場合は守破離の守をお伝えしながら③を経由させてあげましょう。

 

一般的に一番多いのは真ん中の「他者依存・慣習的」と言われています。年齢や経歴は関係ありません。ちなみにGoogle社等は採用面接で⑤以外は落ちるそうですよ。当社も③の割合が多いですが、「意思決定」という項目が入っている④と⑤がもう少し増えれば、面白い事になりそうです。

明日はPTリーダー研修・契約社員研修です。発達のアシストができるように努めます。

 

また来週〜

ご意見ご感想はこちらへどうぞ!↓

御機嫌好う〜

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

夏を楽しんでいますか〜?今日はFさんがリフレッシュ休暇中と聞きましたので、夏休みっぽくお送りします!

 

 

最近の出来事・・

 

■退会

ZOZOスーツで計測して注文したGパンがピッタリすぎたのが原因で色々気になるようになってしまい、肉体改造欲が湧いています。しかし・・・

”怪物になるジム”を退会しました。理由は一言「飽きた」です。現地に行かないと退会できないシステムのおかげで2ヶ月未利用・・・顧客が飽きるメカニズムを身銭を切って体験しましたよ。くぅ〜!今は足から整えるパーソナルジムが気になっています。

 

■リサーチ

同期との祝賀会に参戦しました。

サービス料15%」と明記されると、事前の期待値がはっきりしますね。フィットネスに「サービス料」が加算されたら何を求めるだろう?なんて考えを巡らせながら、備品、接客も期待値に合わせて隅から隅までチェック。

「あの高い窓、どのくらいの頻度で掃除するの?」なんて無粋な質問もしながら過ごしました。会計を見て目ん玉が飛び出そう・・自己投資ですねぇ。

満足度は、ここではあれなので向上委員メンバーに共有しますね。

 

■グロービスさん主催「育成会」

中部地区で活躍する大企業からベンチャー企業まで30名以上の人事担当者が集結です。毎回テーマにする本は変わりますが、今回はこちら。

全員がこちらを読んだ上で、自社ができていること・できていないことをレポートとして持ち合い、グループディスカッションするというものです。組織力を上げたい支配人や人財開発部希望の方、ぜひ読んでくださいね。

今年のテーマが「HR業界をとことん知る」である私にとって、組織開発はドンピシャの機会。かなりしゃしゃって参加してきましたよ。

大企業からは25〜28歳(キレッキレなのに素直という強者が多かったです)も多く参加していました。当社からも早くスターを生み出さないといけないなと思いました。

一つ言えることは、当社の仕組みは常務が数年を費やして創り上げた「作品」だということです。恐らくどの会社よりも綿密に作られています。一人一人が安心安全を担保しながら目標とやりがいを追求できるなんて、ハイクオリティな作品だと思います。

「トップには会ったこともなく提案するには何人もの上司を通さないと無理」と普通に言っている方も多かったので、大変恵まれた組織作りの立場なんだと感じました。

 

となると。いろいろ挑戦してはいるものの、私の”ひとり人財開発部”としての施策の工夫・打ち方はまだまだ甘いなと反省しきりです。そして他社のアイデアを聞いて「やってみたいな、これ当社ならすぐ成功しそうだな〜」と思えば思うほど一人部員では物理的に厳しいという現実。仲間募集中です。

 


■休日・・・

所属しているコミュニティのイベント「T自動車の会計から学ぶ会」にも参加しましたよ。このコミュニティは出版寄りで年齢層も幅広く、会計士以外にもプロのライター、カメラマン、デザイナー、起業家、大学休学中など多種多様な集まりです。私は「アウェーを味わいながら発信・創作する訓練という目的」で複数のコミュニティに加入しています。会社組織だけに所属していると自分の価値や可能性を見誤ってしまうからです。

毎週何かしら楽しそうなイベントをしているそうですが、ほぼ参加できていません(笑)行っても行かなくても途中から参加でも許されるというゆるさがまた良いですね。今月は他の活動も活発なので楽しみです。

 


 

先週の回答

 

大変たくさんの回答をいただきありがとうございました。

みなさん「丸投げと信頼の違い」正解です!よく理解しくれていますね。あとは実践のみです。慣れてくると頭ではわかっているが行動が伴わない。になりやすくなるので、信頼される上司になってください。

なお、当選者は一番に回答をくれたA君でした。何か大きいものを送っておきます。

 

 

本日のテーマ

本日は夏休み版なので仕事以外の質問に答えます!

 

質問

悩みが多くウジウジしている人を撃退する一言は?

 

回答

おもしろい質問ありがとうございます♪( ´▽`)

私の解釈ですが、悩みの種類は大きく2つあります。

1、手段が目的化したとき

2、コントロールの及ばない域のこと

です。2のコントロールの及ばない域のことは、毎度おなじみの「他人は変えられない」という原理原則の話なので、今日は1について。

 

 

手段の目的化とは?

 

我々でいうと「より健康で快適な生活の提案をする」ために事業をするという目的があり、事業の手段として〇〇という利益が必要。だから「ショップでこのAという商品を販売しましょう」という選択をしたとします。

あなたはAの売上を伸ばすために、販促をしたりセールスをしたりHPを更新したりします。そうする間に、いざ目の前に「健康で快適な生活の提案」を求める人が来た時に、「Aをセールスしなければ!」という事に必死になってしまう。手段であった「A」がいつの間にか目的になっているという状態です。

こうなると「あれ、なんでこんな事やってるんだっけ・・」と悩み出すわけです。だからこそ、目的は見える化したり、口にしたりする事が大切なんですよ。(毎日やってますよね)

 

 

世界平和の話

 

ところで皆さんはZOZOの前澤さんが「夢は世界平和」というのを聞いてどう思いますか?

素敵だなと思う方、ふ〜んと思う方、様々だと思いますが、「そんなわけない!」「反対だ!」と声高に言う人はそういませんよね。夢、つまり目的は理解するわけです。

ところが、手段としてご本人がやる事に対しては、非難・批判が出る事もありますよね。当事者からすれば「目的のための手段なだけ」なのであって他人がとやかく言う事でもないのですが、とやかく言う側にとっては「この人の手段に対して物申さなければ!」という事自体が自分の目的になって勝手に不機嫌になっているという図式ですね。

 

物事の対立構造って大体こんな感じですよね。

 

 

それでも悩んだ時は・・・

 

私には悩みというほどの悩みはないですが、もし悩んだらこう思うようにしています。

 

「世の中で言われている事の9割は嘘で
 嘘の中に真実がある。
 真実は自分が見つければ良い」

「世の中で言われている事の9割は
 同じ事を言っている。
 目的を見れば何かは繋がる」

 

皆さんの周囲の上司が、Aと言ったりBと言ったりしていた時、身近な人と対立してしまった時、手段は異なるけれど目的は同じだと思えば視点が変わると思います。やってみてください。

 

 

御機嫌好う

 

そんなこんなで「ごきげんよう」がテーマなのでした。

ウジウジより、ご機嫌でいたほうが幸せに出会うチャンスが増えますよ。あなたも明るい方に引き寄せられるのではないでしょうか?自分の機嫌を自分で取れる人を見ると「この人幸せのプロだな〜」と思ったりします。

まずはいつもご機嫌でいられる事を目的としてみるのも良いかもしれませんね!機嫌って伝染するものなので、あなたの周りにもご機嫌さんが増えますように〜

 

また来週!

ご意見ご感想はこちらから是非↓

 

「自分が居なくてもまわる」の罠

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。8月ですね!

 

先日の夜こと。

帰宅すると自宅前で大物がどーんと待ち構えており、

変な声が出ました。ムシキングは想定外です・・・

 

余談ですが、カブトムシの力の強さすごいですよ。過去に幼虫から育てていましたが、夜中に何度も蓋を開けて逃げ出しました。毎日捕獲が大変なので最終的に飼育箱の上にコンクリブロックを置いてみましたが、それでも押しのけて翌朝天井に張り付いていましたから。

その日のうちに公園へ放ちました・・自然の生き物は自然が一番です。

 

 

今週のお仕事

 

今週は通常業務に加えて公私ともにインプットの多い1週間です。休日も所属コミュニティへの参加があり、絶え間なく活動しています。東へ西へと移動が多いので、調べ物がはかどりますね〜。

インプットのエネルギー値を上げる方法は、アウトプットの場所を決める事しかないと思っています。私の場合は社内外研修、組織開発のあらゆる場面というゴール設定をしているので、インプットの量・スピードも最近は倍速です。ふと気を抜くと廃人のように寝てるんですけどね。

 

 

アウトプットを始めた皆さんへ

 

研修参加者に「自己開示・発信」という課題を出していることもあり、毎回コメントをたくさん頂いております。最初は面倒だったり、勇気がいるけどやってみると大した事ないでしょ?いい感じですよ!皆さんの価値観の幅が広くて勉強になります。

プレッシャーを与えないように返信してませんが、隅々まで全部読んでます!続けてください!

 

そうそう「匿名なら質問がある」という声もあったので、下のリンクから完全匿名で質問箱を設置しています。おもしろそうです。人見知りな方はこちらをご利用下さい!斜め上を行く質問をぶん投げてきてください。

↓こちらをクリック!

https://peing.net/ja/jinzaikaihatsu?event=0

 

 


今日のテーマ

 

サービス業あるある〜という事で、今日のテーマです。

自分が居なくてもまわるの罠

 

皆さんは「自分が居なくてもまわるようにしよう」という言葉を聞いたことがありますか?これはシフト制の業種や、マネジメント職に就きたての時によく聞く話で、自分不在の時間も同じクオリティを維持しましょう。という事から出てきたものだと思います。

確かに営業時間中に一人で隅々までずっと見ていられないので、言いたい事はわかります。

出店ペースと比較して極端に人が少ないといった時は、こういった事が起こりやすいですね。「君を信頼して任せるよ」です。

 

今日のテーマ。なぜ罠かというと「自分が居なくてもまわるようにしよう!じゃあ自分は何をする?」が明確ではなかったりすると、これもあるあるで知らぬ間に「不信感」という現象が発生するからです。

 

信頼の解釈を間違えるとこうなります。

THE 丸投げ

 

そう、丸投げです。

見てくださいこのおじさんの可愛い顔と受け手の焦り・・

 

部下を抱える皆さん、信頼して任せるのと丸投げの明確な違いを答えられますか?

「信頼してるので任せてます!」と言いながら実はただの丸投げという暴挙のケースが多々あります。

逆に任せる事を重く捉えすぎていたり、先の仕事が見えないので渡したくないという無意識が働く場合「自分が全部抱える」という暴挙に出ます。

 

どちらにも暴挙という言葉を使いましたが、組織の仕事ではどちらも同じくらいまずいよって事です。

 

この解説は次週です。今日は謎かけで終えておきましょう。

 

信頼と丸投げの違いは何でしょうか?

↓から回答お待ちしております!正解者の中から抽選で大物(?)をプレゼントします。一応ヒントを下部に追加しておきますね。

 

ヒント!

①NO.2研修で解説した「カッツモデル」(知らない人はググって)

 

②我々が日々同時進行しているマネジメントの種類を考えてみましょう。意識していなくてもやってますよ。

■組織マネジメント

皆さんがチームを稼働させるために日頃やっている事

■営業マネジメント

毎週会議PL(KPI)に触れているので身近なところね

■事業マネジメント

これを考える役割は支配人ですかね

■リスクマネジメント

防犯・情報漏洩など「最悪を想定」の事

■タイムマネジメント

私が社内で吠える回数はこれが一番多いですね

■プロジェクトマネジメント

各向上委員のリーダーが今奮闘しているあれです

■タレントマネジメント

スタジオ担当の方はスターを作る仕事としてやってますよ

■ボスマネジメント

NO.2研修でもテーマにありました、重要。

■コミュニティマネジメント

人間関係を維持発展するためにやっていること

 

その他身近なところでは・・

■体調

健康であるためにサプリを飲むとか

■資産

得意な人いますよね、貯蓄とか運用

■情報

どの情報をどこに取りに行くか

■怒り(感情)

これは、別で研修しようと思うくらい重要

 

というように、簡単にザックリでこれだけあります。

マルチタスクが苦手な人でも既に多くのマネジメントを無意識でやっています。丸投げにならない為に、限られた時間をどの順番でどのくらい費やすかがヒントになります!

ではまた来週〜!