• 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

「マネージャー向け」カテゴリー

リーダー職に挑戦する人へ

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

今日は雪もちらつく天候でした、体調不良の方が多いようですがご自愛ください。

 

 

2019年。各部長の定期発信も始まりました。

この人財開発道は社内活動報告を中心に、

気づいた事を題材にしてヒントになるような内容をお伝えします!

 

本日の人財開発道は・・

頭の中に特定の人を思い浮かべて書きます(^ ^)

 

 


 

リーダー職になるということ

 

リーダー職に就く。

こう表現されると特別な事に思えますし、背筋が伸びたり緊張したりしますね。

ですが、よく考えてみればあなたのリーダーシップは常に存在しています。

パーソナルのお客様に対してのリーダーシップ

レッスン中の参加者に対してのリーダーシップ

部下に対してのリーダーシップ

などなど。

そこにリーダーシップが存在するから、「冠」としてリーダー職になる。ただそれだけです。難しく捉える必要はありませんし、周囲が評価したから指名されるんです。自信を持ちましょう。

 

 

 

意識すべきはリーダーシップ

 

あまり肩書きを意識せず肩肘を張らずに「自分らしいリーダーシップ」一点に集中するのが良いと思います。まず準備しておく事として、自分のリーダーシップの特性を知っておく事は重要です。

 

こういう時に理論を使いましょう!

リーダーシップの理論は「特性論・行動論・状況論」という3つに分けられ、さらに細分化されています。理論は頑張って覚えても意味はありませんので、使えるものを使えるタイミングで紹介していきますね!

 

今日は行動論の一つ。最もメジャーかもしれません。

それを使って今日は5分で自己分析してみましょう。

 

 

PM理論

「目標を達成する力であるP(Performance function)機能」と「集団をまとめる力であるM(Maintenance function)機能」の2つの能力要素により、リーダーシップは構成されているという理論です。

 

 

まず自分がどの傾向にあるのかを分析してみてください。

この時「どちらが楽か」が判断基準になります。

 

人に興味があり、人の気持ちを推し量る事や、手を差し伸べる事、時にその人のためを思って厳しい事も言えるくらい愛情を持つことが自然にできるのか。

数値目標を定め、達成に向かっていく時にテンションが上がり、数値達成に心から喜べるのか。

 

というと分かりやすいかもしれません。

もちろんリーダーシップには両方必要なのですが、それでも特性はあります。

それを知った上でまず「自分の足りないところが強い人」を探してみましょう。リーダーは万能ではないので足りないところは誰かに補ってもらう必要があります。

 

ちなみに私はセールスマネージャーの時はPm(目標達成型)です。数値ありきですからね。

え?もう社内研修とか向上委員とかやってたよね?と言われそうですが、役割として目標達成を求められればそちらが強く出ます。慣れないうちはどちらかを強化するとどちらかが劣る。というシーソーのような形をとりながら、どちらも上手になっていくものなので、安心してください。

 

 

 

いま読んでおいた方が良い本

 

リーダーシップは理論のように左脳型の考え方も知っておく必要がありますが、私はこの本で自分がこれから何をするのかという全体像が鮮明に見えました。(右脳人間なんでしょうね)

どちらも必要だと思いますし、あなたに何が届くかは賭けなので紹介しておきますね!

リーダーは生まれつきのものではない、ましてや単なる肩書きでもない。旅の結果として人はリーダーに「なる」のだ。

というメッセージの本です。書中にもありますが、リーダーがリーダーであるためにはフォロワーの存在がポイントになります。ぜひ読んでみてください。

 

そして、私が最も共感したメッセージは以下です。

 

戦略的思考や

コミュニケーションスキルを磨く前に

「魅力的な人間である事」

リーダーシップはこれに尽きる

しかし人間力を

どうやって磨けば良いというのか

人間力を磨く上で大切な事は

人の営みに対しての理解と尊敬の念を持つ事だ

 

才能はいらない

 

リーダー職はいいですよ。

リーダーシップを追求すればするほど人間を嫌という程知り、そして嫌という程感謝する経験もします。仕事の枠に留まらず「人間としてのスキル」を多く得ました。どんなに勉強していても経験に勝る学習はありません。

 

間も無く40歳の私ですが、人生で最も急成長させてもらったのは間違いなく支配人経験です。私の支配人時代に関わってくれたメンバーの皆さんの事は一生忘れられないでしょう。

 

素晴らしい仕事ですが、誰にでもチャンスがあるわけではありません。

縁あってチャンスが巡ってきた方は楽しんで頑張って欲しいです。

才能は要りません。必要なのは覚悟だけです。

 

これからリーダーになる人の何かの参考になれば幸いです!

 

また来週!