• 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

「階層別」カテゴリー

【U25向け】社外での振る舞い方②

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

雨が降りそうですが・・明日はお待ちかねの女子会なので晴れてくれることを願います!!

 

この1週間、初の「GM養成講座」が開催されました!

GMとは何か?から会計知識まで!今年度はこのシリーズが続きます。将来支配人の次のキャリアとしてGMを目指す方、来年度はますますパワーアップした内容になってますから、楽しみにしておいてください。

また、本日18時締め切りの社内コーチ制度。いよいよ始まりますよ。希望を出した皆さんはご自身のステップアップのために多くを吸収してくださいね〜

 


 

さて、先週に続きU25向けです。社外での振る舞い方「コミュニケーション編」です。

若手社員の皆さん。非常に多くの感想をいただきありがとうございました!私は若手社員の皆さんが大好きなようです。当社はみーんな若いので変化が早い、行動も早い、可能性と希望で満ち溢れていますからね!!

ほとんどの方が「社外で振る舞ったことがなく不安、でも挑戦したい」という前向きな感想でしたので、そんな内容に軌道修正してサクッと初心者でもわかる5つのポイントをお送りしましょう。

 

 

①自分が動くこと!

社外に出たらあなたは「個人」です。コンタクトを取る、話しかける、接点を探すなど、全て自分が先に動くのが基本です。社内だと情報も仲間も待っていれば得られますが、社外は行動あるのみです。まず第一歩は「話しかけて質問して名前と情報を覚えにいくこと」から始めてみてください。質問するときは前回の雑談のネタを駆使してくださいね!

 

 

②利害関係を超えたつながりにお金と時間を投資!

とはいえどうすれば?となりますよね。まずは「信頼する人に紹介してもらって、目的を持って人に会ってみる」ことに挑戦してみてください。仕事を介して知り合う以上利害関係はつきまといます。それを超えるにはやはり「何を与えることができるのか?」がポイントです。これを読んでくれている皆さんは日頃から「giver養成講座」で感性は磨かれているはずなので、大丈夫ですよ!

 

 

③つながって満足しない

名刺交換をした、SNSでフォローした、お礼のメールを往復した、それは「つながり」とは言いません。特にSNSは自分が価値ある発信をしていない限り相手には何も与えるものがなく「受け取るだけの一方通行」になりますよね。もしやるならペンネームで会社の内容ではないブログを書いて自己紹介がわりにするとか、相手の喜ぶアクションを考えるなど、自分とは何者なのか?何ができるのか?が見えるようにすると良いですね。

 

 

 

④やっぱり見た目は大事だけど

初対面で印象に残るのは(これは川口の個人的な経験からですが)

★表情・・自信の有無、余裕のあるなしを見る。口角が上がっているに越したことは無いですね。また「人馴れしていない感じ」は余裕がなさそうに見えてしまうので、心の中で「あなたにお会いできて光栄です」と言いながら挨拶してみてください。良い表情になります。

★姿勢・・姿勢は生活習慣や日頃の態度がもろに出ますからね。特に会食で腕を組んだり、肘をついたり、背もたれにもたれたりというのは初対面ではNGですよ。

★アクション・・せわしく動かない、初めと終わりの挨拶が異常にきちんとしている。会食ならマナーなんて朝飯前で「場をよく読んだ動きが出来るアクション」が大事。ポイントは「場を作れること」ですね。懇親会などでどう振る舞っていいのか分からず地蔵になってしまう人は、場数を踏みましょう。誰に話題を振れば良いのか、しーんとなったらどうするのか?実践してみないとわかりません。さあ今すぐ先輩に「勉強のために会食に連れて行ってください」って言ってみましょう!

・・・え?マナーって身だしなみじゃ無いの?って聞かれるんですが、数年前から「う〜ん、服装はあんまり関係無いな」ということが増えたんですよね・・服装は人に不快感を与えるものでなければ、自分の体にあったスーツと磨かれた靴なら問題無いと思いますよ。

 

 

⑤「間」を見極めること

間(ま)というのは「空間」と「時間」どちらの意味もあります。

空間・・「パーソナルスペース」の事ですね。これは目に見えるスペースなら「どのくらいの立ち位置が心地よいか」でわかりやすいと思いますが、「コミュニケーションの距離感」も含まれます。相手がフランクな方なのか、距離感を保ちたい方なのかは観察していればわかると思うので、相手に合わせた方がスムーズです。

時間・・「間が抜ける」「間に合わない」「間が悪い」といった表現をしますよね。リズムとかタイミング、会話の中の空白などを「間」と言います。会食の中の会話のリズム、質問のタイミング、お礼の瞬間、全部「間」が支配しています。なんとなくウマが合うな〜という相手とは「間」が合うのです。相手にそう思ってもらえたら良いですよね。すぐできることは「会話の間」かな。

その他「人間」とか「世間」とか「間柄」というのも「間」を使いますよね。今この「間」の研究がマイブームなので、間に興味のある方は是非語り合いましょう。

 

ということで、今日はここまで!また来週〜・・とその前に!

 

運動の秋といえば今週は公休を使って弾丸でこちらへ行ってきました・・・

そう、フェス・・ではなく「ヘス」です。

ライブの度に出向いている私の魂のバンド「soil and pimp sessions」が発起人となって、鹿児島、桜島で今年初めて実現した「ヘス」半年前から狙ってました!!

 

心配していた台風も逸れて快晴、夏日です。暑い暑い!10月とは思えません。美しい桜島の麓・・

錚々たる面々のライブが続き日は暮れて・・・

氣志團らしき人が大量に沸いてきてひとしきり「あふー」した後・・

いよいよ目的の!!

キター!椎名林檎 with soil and pimp sessions!!

このコラボの生演奏が見たいが為に片道1,000km以上移動して来たわけですが、この時私は前へ前へ押して出てくる「リンゴーーー!」と絶叫した半狂乱の人々の中でもみくちゃになりながらですね、もう滝汗状態でしたけど・・確かに感じましたよ。プロの「間」というやつを!!

二日間の歩行記録見たら34kmでした!フェリーに乗るのに2時間以上の行列!

炎天下に34kmも歩くなんて普段の私ではありえない快挙でした。

 

現地集合現地解散というスパルタ弾丸ツアーに付き合ってくれた森田さん、エイム取締役の松岡さん、ありがとうでした〜

公休は計画的にめいっぱいエンジョイしましょう!ではまた来週〜!!

明日は女子会BBQ楽しみましょう!!(雨止んで〜!!)

【U25向け】社外での振る舞い方①

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

下期に入りました!新天地でのスタートを切った方もいらっしゃいますね。人間が変わる3つの要素「付き合う人を変える・時間の使い方を変える・住む場所を変える」という物理的な変化を手に入れたラッキーな方は、ぜひ自己変革のきっかけにしてくださいね。

 

しかし特大台風でしたね。東名が通行止めなんて「がびーん」でした。東三河はまさかの手信号・・みなさん大丈夫でしたか??

 

今週の出来事

チーフ研修第3回が行われました。今回は運営の中でも「数値・販促」という内容だけあって、いつもに増して前のめりで真剣な面々・・

 

そして台風一過の朝。内定式・内定者研修が行われました!

みんな真剣です!!寝ているわけではありません。「自分の人生」についてゴール設定をしてもらっているところです。

毎年「何のために社会人やるの?」という質問から入るのですが、決まって「お金を稼ぐため」という回答が返ってきます。当社は「仕事を通して人生を充実させる」という方針ですので、まずそこからセットアップしましたよ。

 

個人的には毎週末インプットの為東京往復が続き、免疫に不具合が出てきております。いよいよ真剣に体力作りを始めました。

 

 

U25のみなさんへ

本日は業務ではなく若手の皆さんに向けた気楽な内容にします。

テーマは「社外での振る舞い方」です。我々のサービスは建物の中、そして会員様との関係で完結する事もあり、社外の振る舞いに疎い傾向があると感じます。例えば「訪問」とか「会食」といった場面です。下手すると何年も未経験のまま突然その時が訪れる。という恐ろしいケースもあります。予備知識として知っておいたほうが良いことをまとめました!

 

 

コミュニケーション全般

アポイント、訪問、雑談などで大切なことは

1)相手に気を遣わせないこと

2)相手の時間を奪わないこと

3)相手に不快感を与えないこと

この三つです。一つずつ解説します〜

 

 

1)相手に気を遣わせないこと

相手が最も気を遣うのは「沈黙」「無表情」「無反応」といった「無」の世界です。快なのか不快なのかが分からないと対策しようがなく、何を考えているかわからないと不気味なのです。

無表情は論外なのですが・・意外と皆さん人の話聞いている時、特にアカデミーの時など無表情になってますよ?豊田のH君なんて「怒ってんの?」って顔してますし(笑)きっと自分では気づかない事なので、無表情の方には今度こっそりお伝えしますね。

 

さて、想像してみてください。社外の方と一緒になる場面で「しーん」とした沈黙。あなたはどうしますか?

 

こういった時助けてくれるのは「自分が自信を持って話せる話題」です。運動・筋肉・ダイエットでも良いでしょう。でもね、もし相手が全く興味がなく反応されなかったらアウトですよね。そこで覚えておいて欲しいのが「裏木戸に立てかけし衣食住」です。

 

裏→裏話

裏話については、よほど精通しているジャンルであること、相手との信頼関係ができており尚且つ「それが真実で話しても誰も損しない」という条件が付くので難易度が高い話題です。下手すると「ただの噂話」「ただの悪口」になり、自分の信頼を失う事になりますのでU25の皆さんにはお勧めしません・・

 

木→季節・気候

一番無難で会話のスタートがしやすい話題です、これは解説いらないね。

 

戸・・道楽(または道徳)

道楽はいわゆる「趣味」の世界です。登山・釣り・サッカー・バスケ・テニス・サーフィン・バンド・買い物・食べ歩きなど。最近買った物についてでも良いでしょう。道徳に関しては価値観がそれぞれ違うので、それほど親しくない人の間ではお勧めしていませんが、自分の正義を振りかざさない事、決めつけない事を配慮できるなら突っ込んでみても良いでしょう。「受動喫煙についてどう思う?」などですね。

 

に・・ニュース

ここで気をつけて欲しいのは「オールジャンルおさえとけ」です。相手と話題を一致させ場の空気を和ませる目的なので、さらっと一通り知っておいたほうが無難でしょう。いつも芸能ニュースばかりみていると芸能人の話しかしない軽い印象になりますし、スポーツ・経済ばかりだとそれはそれで偏りがあります。ポイントは「このニュースを見て自分はどう思った。あなたは?」という会話につなげることです。アプリなどを活用して情報収集の時短に努めてください。

 

立・・旅

過去に行った国、場所などの事を語れると良いです。この時ガイドブックに載っているようなことは話す必要なくてこれも「自分が感じたこと」を素直にそのまま話します。楽しかった事を話している時、自然と表情が和むので相手の緊張感もほぐれるでしょう。

 

て・・テレビ

これは最も安易な話題ですね、話題のドラマや番組の事など。(ごめんなさい私はとても疎いのでこのくらいしか書けない・・)

 

か・・家族・家庭(家事)

相手が話題を振ってきた場合は掘り下げます。無意識に「話しやすい話題を相手に振る」という傾向があるので、それは「聞いていいよ(聞いて欲しい)」の合図と思えば良いでしょう。お子さんやお孫さんの話題など。ここはプライベートの中でも事情が様々な領域なので、私はよほど親しくない限り自分からは触れません。

家事に関してはいかに手抜きで生きていけるかという話をするとウケが良い気がします。雑談全般そうですが「自分はこんなにできるんですよ」的な話題だと「すごいですね〜」以外に返しようがなく、場合によっては意図しなくても相手に「マウンティングだ!」等の感情を抱かせる可能性があるので、この場の目的を考えると「失敗談」の方が良いでしょう。そう親しくない人の自慢話ほどつまらないものはありませんし・・

 

け・・健康

皆さん得意な領域ですね。ここは広げやすいです。注意点は「相手が間違った健康法を言ったり、やっていてもついつい否定したり、無理に正したりしない事」ですね。。ゴールは「円滑なコミュニケーション」であって正論である必要はない事が多いのです。

 

し・・仕事

これは仕事の内容ではなく「仕事を通して自分が学んだ事や気付いた事」が良いでしょう。上司との接し方、部下育成、販促など、語れるものが多ければ多いほど相手との共通点は線となって繋がっていきます。ビジネスを通しての社外の付き合いが大半なので、ここはマストでおさえておきましょう。

 

衣・・衣服

ファッションですね。趣味が合うと盛り上がるが、興味のない人は一ミリも関心がない事が多いので、一人で盛り上がらないようにしましょう。

 

食・・食べ物

「美味しかった店」というジャンルと「栄養素」の2種類があります。皆さんは栄養素のほうが得意かもしれませんが、気楽な話題の一つなので「美味しくてお値打ちな店」や「いままでで一番美味しかった〇〇の店」などのネタは持っておきましょう。

 

住・・住まい

「住所」と「すまいのこだわり」の2種類があります。これも話題にしやすいですね。沈黙に困ったら「裏木戸に立てかけし衣食住」を思い出してね。ポイントは「良いあんばいの自己開示を通して場を作る」ですよ!

 

えー!一つ目でもう3000文字超えちゃった!

という事で続きはまた来週〜

 

 

 

【入社1年目向け】仕事のデキる人になる方法

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。上期も終わりに近づき慌ただしい日々が続きます。

 

昨日はライト新店でご利用中のお客様に片っ端から声をかけまくってご意見を頂いてみました。

うん。超楽しかったです。

 

サービスを提供した成果を直接伺う事。みなさん日頃やってますか?

 

例えば、恋人の為にサプライズを一生懸命考える、手料理を振舞う、プレゼントを選ぶなどしたとしましょう。「これどう思った?どこが好き?もっとこうして欲しかったとかなかった?」って聞けますか??恐らく空気を読んで聞けない事が多いですよね。なんとなく「やって満足」だったり、表情で察してみたり。

 

しかし商品については聞いてみなければわかりません。ストレートに聞くことで、率直な意見が財産になりますよ。

 

 

今週の出来事

 

隔週で東京の学校に通っているのですが、そのご縁からの急な展開で、ベンチマークして読んでいた本の著者との会食に同席させていただきました!こんな事ってあるんだな〜と興奮しましたね〜。

ホスピタリティの第一線で活躍される方々。会話の視座が「日本の教育、日本の組織・・世界と比べて・・」なんですよね。スケールが大きい。そこで詳しく聞いてみると、500名のキャストの面談を地道にしていた事、教育の方法など、やっている事はとても超地道なのです。大きく見据えてコツコツやる。これが鉄則なんだなと思いました。

おもてなし向上委員の幹部メンバーには共有しましたが、我々がやっている事で「これ日本レベルで考えてもすごい事だよね」と再確認した事もあります。自信を持ってやっていきましょうね!

 

 

 

どうしたら仕事のデキる人になれますか?

 

階層別の内容が続いておりますが、先日キャリア面談で入社1年目のあなたからいただいた質問を今日のテーマにしましょう。そう、あなたですよ。

「どうしたら仕事のできる人になれますか?」この質問の際「仕事のできる社員」とは言わなかったんですね。入社半年が過ぎようとしている今ここで「仕事というのはね。マネジメントとリーダーシップが・・・」なんて具体的な説明を聞きたいんじゃないだろうな〜

本音のところ「どうしたらこの悔しさや苦しさから抜け出して、仕事を楽しめますか?」って事を聞きたいのかな〜と捉えました。

新入社員研修でお伝えした内容(組織の仕事基準)ではなく「人」という観点で入社1年目向けに短く答えましょう。

 

本日のベースはこちらでーす。

仕事のデキる社員は「can」が大きい人。

仕事のデキるは「will」が実践できる人。

という定義で今日は人で進めますね。

 

 

まず入社前はこんな感じでしょう。

やりたい事への希望はいっぱい。あれもやってみたいなー、これもやってみたいなー。(全部できる気がする!)やるべき事は明確だし、がんばるぞー。

 

 

しかし・・・

 

入社してしばらく経つと・・

あれ?こんなに仕事って大変なの??できる事より、やるべき事の方が増えてパンクしそうだ・・・あれ、何のためにやってるんだっけ?・・苦しい・・やりたいこと?なんかもうよくわからないです。自信もなくなってきたし、上司を見ても自分の納得するような「ロールモデル」が見当たらないし、希望がもてませーん。

 

 

ってなるんですよ。

これ普通の事なので心配しなくて大丈夫です。

 

 

 

仕事がデキる人になる方法

 

では話を元に戻しますね。

 

仕事がデキる人(楽しんでいる人)はcanの中から見つけたwillによってmustを作れるって事かwillが明確でcanを着実に増やしてmustを作れるのどちらかなんですね。canが大きくなった頃からようやく楽しくなります。

自分ができる事、得意な事の中から「やりたい事」が見つかって、それを活かした仕事「must」を創っているときは夢中になるので、楽しそうに見えますし輝いて見えるんですよ。

現実的には、例えば私が今から「バレリーナになりたい!」と思う可能性は薄いように、自分のできる事の中から可能性を探っていくというパターンが多いでしょうね。だからこそwillが定まらないうちは選りすぐりせず「しのごの言わずにとにかくやってみるか」が大事なのです。

 

なので今あなたに向けた答えは「canを増やす事に執念を燃やしましょう」です。それが一番早いのです。具体的にどうすれば良いか・・そんなの10個でも20個でも出てくるよ!と言いたいところですが、今日はすぐ実践できる3つだけ伝えておきますね。

 

1、偽る必要はない

まず「今の自分はこんなもんです」って認めてしまう事かと思います。誰でもこうありたいという理想はありますし、自分を大きく見せたい欲求に駆られます。でもねー。それをしても誰も得しないんですよ。偽ろうとすると人の目ばかり気にして本質に集中できないですし、相手からするとだいたいわかってしまうものです。今はできません、だから教えてください。1回で覚えますから!が正解。

 

 

2、着地癖

手をつけた事は綺麗に着地させる癖です。ほんの些細な事でも残さない事。「明日でいいや」「また今度」という癖がつくと永遠に仕事に追われる体質になります。追われている精神状態で生産する事は困難なんです。新しい発想、よりよい仕事はゆとりのある人から生まれます。「その日の汚れその日のうちに」とでも覚えてください。そういう意味で部屋とPCの中が綺麗に整頓されているかチェックしてみてね。

 

 

3、遠くから捉える

仕事をするとき手段ではなく目的「何のため、誰のため」から考えてください。もちろん期限を確認したり、手順を考えたりする事も必要なのですがそれは手段であって目的ではないのです。仕事なら「お客様のため」私生活なら「〇〇年後の自分の為」指示を受けたら「社長ならどう考えるか?」というように、遠くから考える癖をつけましょう。仕事って自分以外の人の「困っている事・面倒な事・時間を短縮したい事・良くしたい事」を解決するから仕事になるのですから、常に何のため?誰のため?が目的です。

 

 

という事で、簡単ですから3つを継続してみてください。

残りを聞きたいという方は以下からメッセージください笑

また来週〜

 

 

 

 

 

【マネージャー職向け】何を求められているか

 

皆さんこんにちは、人財開発部の川口です。

朝晩はすっかり秋を感じるようになりましたね〜

 

 

本日とあるセミナーに出ておりました。

所感は「この分野は時代の先を行っている認識」

「セールスプロモーションの体験」ですね。

 

※隠し撮り・・・

今後の業務に大いに活かしましょう!

 

 


 

さて先週・今週と昇格試験が行われました。

該当の18名の皆さんお疲れ様でした!!

 

チャレンジは得るものしかありません。

新たな課題を得たと思いますので引き続き進んでいきましょう。

 

 

しばらく昇格前で知識系の発信が続きましたが、

本日のキーワードは私の好きなこちらの方の名言に乗せてお送りします!

 

スペインの画家、サルバトール・ダリさんです。

 

こんな絵や

引用:記憶の固執

 

こんな絵を描く画家です。

引用:素早く動いている静物

 

ちょっと不思議な感じですよね。多芸、多作の画家で、彫刻、版画、ファッション、広告、著作にも目を向け映画制作にも取り組んでいた一方「奇行」も目立っていました。

しかし実は「大変気が弱くて真面目な性格の持ち主だった」とも言われています。つまり「普通の人物」であり「天才」ではなかった。という事です。

 

 

名言はこちら

「天才」を演じ切っていれば「天才」になれる

 

という事で、職能別に分かれマネージャーという職位の幅は出てきましたが、当社がマネージャーという職位(副支配人・マネージャー・支配人)に求める3つの事を以下にまとめておきます。

「マネージャー」を演じ切っていれば「マネージャー」になれる

 

意識するだけで景色は変わります。3つサクッと行ってみましょう。

 

 

1、意思決定力→自己発信力

意思決定には責任が伴います。責任を過剰に恐れたり、未確定な事への不安が大きいと「決められないマネージャー」になってしまいます。

そして部下として一番困るのは「決められない上司」です。(私の個人的な考えで恐縮ですが言い切らせてください)マネージャー職に求めるのは「決める事、それを発信できる事」です。言った事はやらないといけませんからね。決められない上司は「責任を取りたくない人」に見えてしまいます。

自分はこう考えて、こう決定したから、こうやっていこうね!と伝わるまで発信しましょう。

 

 

2、チームビルド(リーダーシップ)

マネージャー職となればチームビルドの主語は「このチーム」です。「今、自分が気が乗らないから」「今、自分が興味あるから」という次元の話ではありません。対人においては「Iメッセージ」も有効ですが、全体に発信していくとき、この先のチームをどう考えているのか?が軸になります。

明日のシフトが・・ではなく「6ヶ月後のレッスン戦略を考えるとあと何人養成しないとな〜」「その為には今から〇〇さんに種まきしなければ・・」という発想なのです。

 

 

3、想像力(危機察知能力)

この対象者はこのままいくと問題を起こしそうだな、今これを言ったら相手はどう思うだろうか?これを対策しなかったらどんな事態になるだろうか?

これは問題解決の前に「問題が起こらないようにする力」です。ここが高くないと問題がだだ漏れになり、いつまでも問題解決に翻弄する事になります。

「感性」という表現をする事もありますが、感じるだけでは浅くて「感じた事が起きないように行動する力」の事です。マネジメントの超基本です。

 

 

以上3点はマストで求める事です。

ご覧の通り3つとも「受け身ちゃん」では難しいと断言します。これまでは指示に対して素直に受け入れ、言われた事を着実にやりきるだけで評価されてきたものの、マネージャーになると自らの発信がないと達成できないものばかり。急激に景色が変わります。

新たにマネージャー職になった方は評価基準となりますので自分のものにしていきましょう。ポイントは「普通の人でも演じ切っていればマネージャーになっていく」ですよ。

 

現状のマネージャー職の皆さんもご自身を振り返ってみてください。当然ながらなって終わりではないです。同じマネージャー職でもキャリアの発達段階があります。あなたは何段階?

 

初級未満

一発で正解を出そうとして行動できない・思った事をすぐ口にしてしまう・周囲への影響を考えずに振る舞う・大事なところで発信しない、必要最低限の人としか接点を持とうとしない・問題発見ができない

初級

既知の事で満足し改善意識が薄い・発信するときは「一般論・無難」だけでまとめる・挨拶、業務連絡以上の会話が続かず相談が下手・問題発見は苦手だが解決はしようとする

中級

何か意見を述べるときは「自分の意見」を言える・ホウレンソウが上手・発信するときは相手に届く様々なパターンを持っている・自ら関わる人に何か与えようとする・言った事は何がなんでもやる・問題を起こさないサイクルを持っている

ここでやっとマネージャーとして機能!先行投資を受けている方は頑張って発達しましょう。

 

また来週!