• 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

「質問に答えます!」カテゴリー

質問に答えます!「上司の指示が曖昧で悩んでいる」

 

みなさんこんにちは!人財開発部の

 

です!夏仕様です。

日が長いというだけでテンションが上がります。

 

 

2週間前に足の小指を全力で角にぶつけ・・

骨、いっちゃってる気がします。

痛くてb-monsterに行けません。

これは退会予備軍ですね。何かアプローチあるかな〜

 

 

 

この1週間で、NO.2研修がありました。

NO.2は組織の要。多くの研修の中でも「より気合が入る研修」です。参加の皆さんのその後の変化を発見しては毎日楽しんでいますよ。

 

 

さて今日はいただいた質問に答えます〜

 

質問

上司のことで悩んでいます。上司はいつも話が長く、つぶやきなのか指示なのかが曖昧でわかりにくいです。自分ではこれと思って実施したことが、食い違ったりしていてイライラしてしまいます。どうしたら指示の仕方を変えてもらえるでしょうか?

 

回答

はい。ご質問というか悩み相談ありがとうございます!

 

悩んでいる状況というのは、快か不快かでいうと「不快」なんですよね。不快なものって解決するために自分の中からエネルギーが湧くんですよ。

例えば「歯と歯の間に何か挟まっている」とか「目の中にまつ毛が入ってる」という不快を自覚すると何が何でも解決しようとしますよね!

今回相談という行動に移してくれたあなたの不快指数は「高い」です。それを過ぎると「諦める」になって不快を感じないふりするようになります。よく相談してくれました!

 

 

 

まず先日のNO.2養成講座で冒頭に伝えたことをシェアしておきましょう。

 

このように、「上司の指示がよくわからない」というのは「心の安泰度」も「解決スキル」も「知識量」も低い状態。つまり「あなたにとっての恐怖」に値します。それは不快も理解できます。

 

この質問を受けて、私は小学4年生時の授業を思い出しました。

 

 

私の担任「鈴木先生」は、国語の授業中


「はい、ではここまでをまとめてくださーい」

と言って5分置くというのが習慣でした。



私はこの「まとめる」に疑問を持っていました。



隣の人は、ひたすら黒板の文字をノートに写している。

反対側の人は教科書に線を引いた所をノートに書く。

後ろを見ると何やら図にしている。

つまり受け手の解釈も行動もバラバラな状態です。



その5分間が1時間の間に5〜6回あるので、

私は何故か国語の時間はストレスを感じていました。



ある日、虫の居所が悪かったんでしょうか。ついに

「先生!いつもまとめまとめって言うけど、

何のために何をどうまとめるのかわからない!💢」

とキレ気味に発言。

(わからないは恐怖なのでキレ気味になりがちですね)



回答は「自分がわかるようにまとめて・・」でした。

 

 

解決せず(笑)

 

みなさんは、この10歳の川口女子について率直にどう感じましたか?

私は「キレてないで聞けばいいのに」と思います(笑)

 

でもね、全体像が見えてないと何を聞けばいいのかすらわからないんですよ。皆さんも「質問ありますか?」と言われて困ったことあるでしょ? しかも「恐怖」というのは感情に影響を与え脳の動きを鈍らせるので、選択を誤りやすくなります。

 

この授業の場合は、

・文法について理解しまとめるのか

・主人公の気持ちになってまとめるのか

・段落ごとの主訴をまとめるのか

・テストに出るところをまとめるのか

さえ明示されていたら私は素直に「まとめる」という行動ができたかもしれません。

 

 

この時の先生と私の間のコミュニケーションはこんな感じ。

私)タイ好きなんですよね〜

先生)うん、タイはいいよね〜

私)あの綺麗な赤色が好きなんですよね〜

先生)あの赤色ね〜確かに綺麗だよね

私)めでたい気持ちになりますよね

先生)あ、でも先日の洞窟事故大変だったね。

私)洞窟?

先生)え?

 

って感じですよ。やたら会話はしてるのに実は意思疎通できてないという。「時間返せ!」ってなりますね。大げさな表現をしましたが、あなたと上司のコミュニケーションはこんな感じにズレながら進行しています。

 

 

 

さて、前置きはこのくらいにして解決する唯一の方法を教えましょう。

 

あなたと上司の間に紙とペンを置きましょう。

紙とペン。それだけです!

発話思考を思い出してください。

見えないものについてお互いが発話している限り、他人なんですから思考はどうやったってズレますし、しかも話せば話すほど強化されてしまいます。

文字や図でハッキリ書き出すことで自分の整理にもなりますし、相手にもそのまま伝わるので相違が減りますよ。(あと「証拠」にもなる!)

1on1を良い機会にしてください!

 

書く内容はこの4つ!

「全体像」(仕事全体の中のどの部分なのか)

「ゴール」(数値や日付)

「タスク」(行動を書き出す)

「優先順位」(頭に1、2、3をつける)

これだけでOK!

 

 

私はイライラが大嫌いなので「そこに期待しても無駄」と瞬時に割り切って次の対策を考えます。

永遠に変わらない鉄則として「他人は変えられない!」からです。ここね〜、わかっていても期待しちゃうんですよね〜。おそらく期待しても上司が急に変わる可能性はゼロに等しいですよ。

 

上司は変えられない。であれば、あなたが上記4つをサッと書ける(できる)ようになれば得体の知れない恐怖から解放され「楽しい」の段階に進みます。上司は上司で「うん!そういうこと!OK」だけで済むから

お互いハッピーじゃないでしょうか?

簡単なのでぜひチャレンジしてみてください!3回目くらいからうまくできるようになりますよ。

 


ところで・・・・指示が曖昧というあなたの悩みでしたが、それより先に「上司はいつも話が長く」という棘のある言葉を見つけました。実際に不満が募っているのはそこかもね。

 

ということで次回は「話が長い人」と「コミュニケーション」についてをテーマにします!部下を持つ方必見です!

また来週〜

質問に答えます!「性格は変わりますか?」

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

半袖の季節がやってきましたね。毎日清々しいです!雲ひとつないいい天気だと気持ちがいいですね!

光と影をみました・・・

 

人財開発部の業務ピークも一区切りが見えてきました。採用・研修を支えてくださった仲間の皆様、本当に!ありがとうございました。採用はおかげさまで在籍社員数の何倍もの学生さんがエントリーしてくれ、過去最高数となりました。

私はあえてこの時期に自分に負荷をかけた事もあり、美合SAで仮眠のはずがタイムスリップしていたり、帰宅と同時に寝落ちしてコンタクトを数枚ダメにしたりと、自己理解の深まる2ヶ月間でございました・・昨年より進化できたように思います。

 

さて、今日は相談窓口からいただいた匿名の質問にお答えします。この人財開発道は基本的に「私の好きに発信するよ」という勝手なコンセプトでやっているのですが、質問などの反応があるととても励みになります。いつも読んでいただきありがとうございます!

 

質問

私は人見知りで、人付き合いがあまり得意ではありません。いつも何となく人に合わせてきました。苦手なタイプと思ったら避けたりして今まではそれでやってこれたのですが、仕事なのでそうもいかない場面が増えストレスを感じます。苦手なタイプの人は「口がうまくて、行動が伴わない人」です。何度言っても返事はするのに改善しない性格って変わらないのでしょうか?

 

回答

ご質問ありがとうございます。人見知りという自分の特性を理解しつつ、仕事においては壁を感じ悩みが出てきたということですね。何度も同じ事を言うのって確かにイライラするものですよね。「自分が伝えた事を無視される=ないがしろにされている」という感情が怒りに変わるからかもしれませんね。質問が仕事における性格でしたので、仕事に絞って回答しますね。

 

まず「性格」についてですが、こんなケースではどうでしょうか?

 

お客様に人気のあるAさんという女性がいます。
「彼女はとても気立てが良い」
「とても細やかで気の利く良い性格だ」
ということで人気のようです。
一方、Aさんのことを
「彼女は人によって態度をコロコロ変える」
「とても陰湿な悪い性格だ」
という人もいました。
さて、Aさんはどんな性格なのでしょうか?

 

・・Aさんの本当の性格がどうなのかなんて、分かりませんよね。性格は「本人が表現した結果の相手の反応」という点で判断されることが多いので、定量的な評価は難しいものです。

 

実際にはこう定義されています。「性格とは、気分、態度、意見、対人的態度を含む思考と感情と行動の癖で、遺伝や学習の結果である。性格とは個人差のことであり、環境や社会に対する関係を観察すると把握できる」(ブリタニカ百科事典より)

 

なので、質問にいただいた「何度言っても返事はするのに改善しない性格」に関しての回答としては以下です。

 

「せっかち」や「のんびり」、「几帳面」や「大雑把」といった性格そのものは生涯を通して大きく変化はせず、急に変わるものでもありませんが、社会の中で状況に合わせて意識的・無意識的に態度を変化させていくことはできます。つまり「これは適応しないと困るぞ」と本人が危機を感じた時に環境に合わせて変化していくものです。環境に合わせて修正された性格のことを「役割的性格」と言います。本人の性格を変えようとせず、状況に合わせた役割を担う態度である「役割的性格」をガイドをするという考え方が建設的でしょう。

有効的な方法は「ロールプレイ」です。(当社で毎朝やっているCSチェックもその一環です!)内向的であろうが、接客が苦手であろうが、ロールプレイで実際にやってみることであるべき姿を体得するという方法です。これで役割的性格は「お客様に真剣」なスタッフになります!性格というと奥の深い個性の話になるので、あくまでも業務上における態度にフォーカスしてロールプレイを頑張ってください!

 

人のマネジメントはこれに尽きます↓

応援してます!

 


ここからは人財開発視点での性格の考え方について触れていきましょう。性格を分類するのに使われるのが心理学ですが、2つの種類が存在しています。

 

1、特性論

「思いやり」「努力家」など複数の要素をどれだけ持っているか組み合わせる。ビッグファイブ・オルポート理論など。

 

2、類型論

人の性格をいくつかのタイプに分類して、当てはまるものを探す。有名どころでいうと、エニアグラムなんかがこれに当たりますね。興味のある人はやってみてください。

http://shining.main.jp/eniatest.html

 

先日の新入社員研修では交流分析を学ぶため、全員にエゴグラムをやってもらいました。連日8時間の研修なので疲れで寝そうな社員も、一気に目が覚めて盛り上がってましたね(笑)自分ごととなったときの集中力はすごいのです。これも類型論です。私の結果はAが突出している軍曹タイプでした・・

http://ta.direct-comm.com/charactor/

 

人財開発部視点では性格を特性論「ビッグファイブ」(ゴールドバーグLR提唱)という指標で見ています。類型論はあくまでも自己理解の一歩目というか、少々お遊び的なポジションで私は捉えています。回答をコントロールできちゃいますからね・・

性格を外向性、情緒安定性、誠実性、協調性、開放性の5つの要素で説明する理論です。どれも「組織で仕事をするのに必要な要素」ですよね。但し全部満点だからいいとかではありません。もし興味があったらやってみてくださいね。(私は開放性が高く、協調性が低いです)

http://www.sinritest.com/bigfive01.html

 

今日3つのリンクを貼りましたが、ひとつでも飛びましたか?一番興味が持ちやすいのは自分ですからね!まず自分という人間を理解し許容してみると「人見知り」ももしかしたら変化するかもしれませんね!

 


今日は仕事における性格に絞って回答しました。仕事は対価を得ているので「性格スキル」と呼ばれる役割的性格は磨く必要があります。

私生活における性格については、変えたい人は変えようとするのは良いと思いますが・・私はありのままでいいんじゃないかと思いますね。それで合う場所を見つけたり、合う人と過ごせばいい。時間は有限なので合わないのに無理するのは勿体無いと思います。

皆さんが自分らしく幸せに過ごせますように。また来週〜!

クオリティビジネスパーソン「人脈」

 

みなさまこんにちは、人財開発部の川口です。

昨日は経営計画発表会、お疲れ様でした!

100周年という節目に相応しい華やかな会でしたね!

PREMIAの皆さん、最優秀店舗賞受賞おめでとうございました。

 

 

 

今週は引き続き新入社員研修が続き・・

 

ベンチマークする人の講演にも出かけました。刺激が強かった!

講演で直接話を聞くのは一次情報ですので、どんな本を読むよりも有意義なインプットができます。「よく忙しい時にインプットするよね」と言われますが、講演に出向くことは自分の人生への投資なのでワクワクしますね!

 

そして本日は休暇をいただき・・・

いま標高2450メートルにいま〜す!美しい雪山です!

今朝7時半に家を出て到着したのはついさっき・・16時半でした。ついこの間「沖縄の海、さいこー!」とも言ってましたが「山も、さいこー!」です。念願の山・雲・夕陽も見ることができました。

 

元旦、決算、年度末など、社会人としての様々な節目はありますが、やはり自分の肉体と精神がスタートした誕生日が一番の節目と思うので、毎年、個人としての振り返りと計画を立てています。

昨年、沖縄で立てた計画は「おおよそ」達成できていました。よかったよかった。今年は30代最後の1年ですので、今夜は40代という10年間の目標を立てる事にします。

 

 

さて本日のテーマは「人脈」です。

こちらはクオリティの条件に出ていた上に、質問も頂いているので回答しようしようと思っておりましたが・・・実は私、自分では「人脈」という言葉を使った事がありません・・勝手なイメージなのですが「人脈が〜」という人に限って妙にガツガツしていて「何かしてもらおうとしている、またはしてもらうことの価値や意味を理解していない」みたいな感じがするから。というだけなんですけどね。なので今日は根拠が乏しく、説得力に欠けるかもしれませんが、私なりの意見として受け取ってください。

 

せっかくなので「山脈」で例えます。

登山は夏にしかしないのですが、とりわけ好きなのは飛騨山脈です。次は奥穂高を制覇したいです。なので飛騨山脈にしましょう!

 

飛騨山脈は北アルプスとも呼ばれ、富山・新潟・岐阜・長野に跨って連なる山脈です。これらは立山や白馬といった一つ一つの山が連なって山脈になります。人脈も同じで一人一人が自立した個として存在している事がスタートです。一つだけ山が低かったら、脈は次の山に繋がらず山脈はそこで途絶えてしまいますね。

つまり同じ性質で同じ高さの存在同士が自然と繫がる。という図式なんだと思います。ですからまずは山を高くすることに集中する事が必要かもしれません。

 

では何が同じ高さなのか?というと、能力でも良いし、知識でも経験でも良いと思いますが、そんな条件ばかりのものでもなく、会話する中で「うんうん!だよね〜!」「それいいね!」という信念や思想やパッションが一致するということかなと思います。なので何歳であろうと社会経験が何年であろうと、自分が個として求めるかぎり人脈と呼ばれるものを築くことは可能です。

 

そして最も大切なことは「恩返し」だけではなく「恩送り」ができる人という事ではないかと思います。

恩返しは「恩を受けた人にお返しする」という意味であり双方の間だけで完結します。それはそれでとても大切なことだと思うのですが、少々利己的な意味合いも含んできませんか?「恩を返さない」のようなすれ違いが発生する可能性もありますし、「同じだけ返さなければ」みたいなプレッシャーを感じたりなど、そもそも厚意から始まったはずのことなのに裏目に出ると悲しいですよね。

我々は社会的な生き物として「恩を受けて感謝したことを、自分も同じように次の人へ送る」という恩送りをすれば、輪が広がっていくよな〜と思います。

 

恩。つまり好意(厚意)を受けると返したくなる、という好意の返報性はよく言われることですが、そもそも相手の厚意に気づかなければ始まりません。

 

例えばここにミネラルウォーターがあります。

ミネラルウォーターってどうやってこの状態でここにあるか知ってますか?地下から採水した原水に濾過、沈殿、加熱殺菌したあと、紫外線殺菌、オゾン殺菌、ミネラル調整して梱包され、メーカーから販売店に卸され店頭へ並びます。

私は小学校の社会見学で浄水場に行った際、水道水がどれだけの行程を経ていて、ここまでたどり着くのに多くの人のこだわりや努力があるのかを教えてもらい、水は蛇口をひねれば出るもの、ただの水だと思っていたので衝撃を受けましたね〜。物事に対する価値観の変革が起きました。

 

人に関してはこんな場面はどうでしょう?

宿泊先のホテルのスタッフの振る舞いをみて「一生懸命でいい感じだな」と思ったとします。(雪の大谷、大勢のお客さんを引き連れ、笑いも入れながら丁寧に説明してくれました!)

この人は高山病にならないのだろうか?

寮住まいなんだろうか?

地元で育ったんだろうか?

このホテルで何をこだわりにしているんだろうか?

どんな愛情を受け、または苦労して育ったんだろうか?

就職した後、どんな上司に育成されたんだろうか?

どんな仲間に支えられて頑張っているんだろうか?

などなど、目の前の人が今ここに存在するだけで多くの人の厚意を経由してきて、その先に私との接点での「一生懸命」が生まれた。という見方が習慣になっていれば、自然と恩送りは身につくのでは無いかな〜なんて思いますね!

 

なんだか哲学的な締めくくりになってしまいましたが、当たり前のことなんて存在しないって事ですね。テクニック的な事はまた別の回で回答する事として・・・明日から39歳なので「サンキュー」の恩送りの一年にしたいと思います!

 

宮崎さん、今年も懇親交流会の企画運営ありがとうございました!

ではまた来週〜!

質問に答えます!「自分の強みがわからない」

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。今日は寒波ですね。名駅はとにかく寒い!凍えます。(早く夏になって!!)

1月は1年を通して最も多忙な月です。皆さん体調管理に気をつけて走り抜けましょう。

 

今日はいただいた質問にお答えします。

 

質問

キャリアについての質問です。キャリア面談があったり将来のことを考える機会が多いのですが、特にこれというやりたい事もはっきりせず、自分に何ができるのか分からないので「自分の強みを持とう」と言われてもピンときません。

学生時代の友人は営業職で、入社したらほぼ部署異動はなく「とにかく努力するのみ」という感じでキャリアは決まっていて悩む事もないそうです。自分だけの悩みなのかなと感じます。

 

回答

とても良い質問をありがとうございます。

そうですね、当社はベンチャー企業で店舗数が毎年増えていますので「常に会社が大きくなっている」「だから我々も猛スピードで成長しましょう」というのが当たり前の感覚。大企業や「大きく成長はしていない会社」のお友達とは目の前のビジョンは異なることでしょう。

 

「自分の強み」について

まず会社員である以上「経営の一端を担っている」がスタートになります。皆さん一人一人も、ちゃんと経営の一端を担っていますよ。

以下が経営の全体図です。

営業→なにで経営するのかの中心、つまり商品を作って売る役割

組織→経営を担う為の人を創り、環境を整える役割

財務→会社を継続させる為に何に投資をしてキャッシュを残すか?を管理する役割

大きくこの3分野でそれぞれが連携を取って会社を大きくしています。

 

私は人財開発部なので担うのは「組織」ですね。ここで発信している内容は「組織」の中の「採用・研修・評価」についてです。商品開発部のA部長は営業の中の「商品」「サービス」運営管理のJ部長は営業の中の「理念」「集客」プラス財務の一部に軸足があることが理解できると思います。

 

では店舗運営はといえば?

支配人は「ミニ経営者」ですのでこれと全く同じ守備範囲を担うことになります。

営業→運営を通してどんな接客でお客様に満足頂くのかを考え実行する、いつどんな販促をして顧客を集めるか決定実行する

組織→PT社員を採用し育成、メンバー各自が成長するよう教育し働きやすい環境を提供し組織が一丸となる仕組みを作る

財務→予算に対して何にいくら使うか決定実行する

 

というように会社経営の大きなサイクルの中の一部である「商品」がクラブで、クラブ自体を動かすこと。規模は違えど、全く同じ項目で「経営を担う全てのジャンルを網羅している」ということが理解いただけるかと思います。

普段トレーナーとして、インストラクターとしてサービスを提供しているのは「営業」PT研修をするのは「組織」というように、しっかり担っているのです。

何が言いたいかというと、これらのジャンルの中でいきなり「財務が私の強みです!」と一発目で自分の才能に当たることは、よほどの天才でない限りなかなか無いよということです。生涯現役だから商品!といっても商品にも攻めである開発という任務もあれば、守りである仕組みづくりという役割もあります。

 

天才とはこんな感じね。

出典:藤井聡太さん

 

財務で例えれば携わるには副支配人くらいにはなっていないと生数値を扱えない、研修に携わるには講師として指名されないと実施できない=才能に気付かないままということになりますよね。だとすれば、食わず嫌いや「これって意味あるのかな?」と思えてしまうような苦手な業務ですら、将来あなたの強みとして大化けする可能性がある、それを仕事として経験できる超貴重な経験であると思って取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

私は以前こちらで触れましたが、クラブ配属時は「セールス一筋」で最終的には法人営業もしていました。その時営業を自分の強みと思っていたか?と言われると「?」です。ただ一生懸命やっていたという感じで。そして今は「組織」という別の仕事を主としています。もし営業経験がなければ今の役割は担えなかったと言えます。そして今の職務が強み?と聞かれても「?」です。ただ好きな仕事で没頭しているというのは間違いありません。これを積み重ねた先に自分の本当の強みが見つかると思っていますよ!

 

 

質問いただいたあなたのお友達は、おそらく大きな会社の中で役割を「営業」に固定されているのでしょう。その会社にいる以上「組織」や「財務」のジャンルの仕事に関わることは生涯無いかもしれません。一見、スペシャリティを磨けていいなと思うかもしれませんが、裏を返せば「そんな経験をさせるポストがない」とも捉えることができます。

 

その世界でトップになるのでなければ、今の時代は「強みが複数ある人の価値が高い」と言えます。経営には様々な役割が必要である以上、自分の強みが一つだけであるより、強みと言えるものが複数あったほうが、未来の可能性が2倍にも3倍にもなりますよね。そういう意味で小さな規模ながら全体に携わった経験は私の中では「他の人には無い経験」として差別化の材料になっています。ぜひ皆さんにも「成長企業に所属していてラッキー!」と思って多くの経験をして欲しいです!

 

このブログの読者は20代が多いので現実的に想像しにくいかもしれませんが「元気でまともな生産性を叩き出せるパフォーマンスを発揮出来る年数」は今25歳ならあと40年強ってところでしょうか。これだけの変動の時代に生きていて40年ずっと一つの事だけで生きていける保証は無いんじゃないかな〜と思いませんか?

 

自分の強みを見つけるまでは横に経験を広げ、これだと思うもの、どうしても追求したいんだ!と思うものと出会ったらが縦に掘っていく事をオススメします!

また来週〜!