• 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

「自己啓発」カテゴリー

日常からヒントを得て仕事に繋げてる?

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

 

今日はね〜。

先週の研修から言いたいことがたくさんあるのですが・・・

テーマを一つだけにしてサクッと伝えます!

「日常からヒントを得て仕事に繋げてる?」です。

 


 

今週の出来事

 

NO.2向けにPL研修・マーケティング研修が開催されました。

(終わる頃には外が暗い・・)

 

アップデート終わりの参加者は身体も脳もフル稼働で長丁場の1日でしたね。みなさん真剣で集中力あるな〜と感心しましたよ。

 


 

マーケティングは特別なことなのか?

 

ワークの中で「事例に対して案を出しましょう」というのがありましたが、アイデアが出てくる人と、う〜んと悩んでしまう人の差は何でしょうか?実はもっと出てくるかなぁと期待してました・・・

 

座学で理論やフレームを習うと「覚えないといけない事」に思えるかもしれませんが、マーケティング脳を磨くのは日常からいかにヒントを見つけ、引き出しにストックできるか?の違いだけです。

 

同じものを見て、何を感じるか?

例えば今私は愛知県民の憩い場「コメダ」で作業しているのですが・・・

はい、これをみてあなたは何を考えますか?

 

 

私はまず・・・

 

立地・・駅近?

近隣・・ライバル店の数

駐車場・・車の来店を想定しているか、無料か

席数・・しっかり数える

回転数・・完全に予測、これと席数を掛け算。

客数・・今の時間で何人か

凡その客単価・・500〜700円かな〜

清潔度・・窓のサンを見ればわかるよ

窓から見える交通量・・車の流れ

 

から考えます。

この思考は自動です。どのお店に入っても全く同じです。

このくらいの単価と売上なら期待値はこうだな〜という基準をまず持ちます。

 

 

そのあと・・・

 

店内装飾・・気合の入れ度合い

清掃状態・・テーブル上の備品でわかるよ

お手洗い・・努力値がわかる

客層・・年齢・性別、年齢層高いなー

コンセントの有無・・無いところが多い

メニュー(キャンペーン)・・運営努力

隣の席の人の会話・・愚痴か商談が多いね

店員の雰囲気(チーム状態)・・人によって差があるな

商品・・コーヒー飲めないので品質がわからない

提供までの時間・・今日も安定の速さ

接客・・近すぎず遠すぎない

人数・・この時間は4名か〜

HP・・その場で見る

 

という感じでざっと見ます。

カフェに行っても、寿司屋に行っても、見るポイントは同じです。

全て無意識で見てしまいます。

 

90分滞在してこれらに思考を使うのはせいぜい5〜10分。

恐らく、みなさんは後半のところをチェックすることが多いのでは無いでしょうか?自分たちのヒントになりやすいですもんね。

こうやって「あ〜50周年なんだ〜スタンプで集客か〜何人対象でいくらかな〜」とか

 

「かなえてゆきたいこと」というキャッチコピーを見て、上田さんを思い出したりするのも楽しいですし。

(いっぱい、いっぱいと連呼するのもテクニックの一つ。届けたいターゲットが誰なのか予想がつきませんか?)

 

運営のプロになる皆さんは、マーケティングというアンテナを立てて「日常の、そこにあるものに興味を持つ」というところから始めてみてはいかがでしょうか?

コンサートとか旅行とか、感性を磨くチャンスは非日常だけでは無いですよ。

 

 

それをどう使うの?

 

定点で見た情報をひたすらストック。

情報は比較対象と比較目的がなければ意味がありません。

 

コメダ同士で他店舗で比べる→チェーン展開の穴がわかる

近隣のカフェと比べる→差別化の施策が見える

以前の同じ店と比べる→変化と結果が見える

というように、必要な時に出してくるのです。

 

例えば・・

あなたのマーケットで

「中高年の女性が多い。どんな商品が必要?」

という課題が出たとしましょう。

 

「中高年の女性」の脳内引き出しを開けるとコメダの記憶が出てきます。

コメダ好き→どこが好き?→仮説「椅子の配置?」「店内の色?」「必ずついてくる豆菓子?」

という仮説から、ターゲットの動きの一つが見えます。

それを商品開発のヒントの一つにします。

 

この時、中高年=コメダしかネタが無いと、使い物になりません。

一次情報として見たものはもちろん、

「該当の方々にインタビューして聞いてみた」までいくとヒントは増えますね。

 

 

みなさん。

 

日頃からあらゆるジャンルのあらゆる商品を体験して情報をストックしましょう。

アイデアを出したいなら、日々のアンテナの感度を高めよう!

お客様を飽きさせない為に、隣の店は、同業他社は何をしているのか?という思考を持とう。正確な情報は多ければ多いほど次の打つ手を考えるのに有利です。

 

来週はこの話題を顧客心理の面で掘り下げようかな〜

無意識を意識してみよう

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

台風が来たり涼しい夜があったりですが・・私の中ではまだまだ夏です!

本日の内容はとっても大事な事なので、さっそく本題に入ります。

 

 

今、膝が痛いのですよ。

 

私は気を抜くと、左腸腰筋近辺にすぐ違和感が出ます。それを無意識に2週間ほど放置した結果・・月曜から左膝が激痛です。やってしまいました。

 

自分で考えている原因は4つです。

①X脚で膝が若干内側を向いている

②骨盤が左に傾き気味

③大腿四頭筋の筋量が「これ以上落ちると不調になるよ」というデッドラインを超えて低下している

④ドローインして体幹を維持していないと骨盤が後傾する。最近は後傾気味。

 

という感じで、様々な人に教えて貰った「あなたはこれをしないと不調になるよ」という事が全部はまってます。いつもは意識をしてコントロールしているのですが最近他に考える事が多くコントロールが外れました。

怪物になるジムでスクワットやランジばかりやっていましたが、退会してから貯筋も底をつきましたね。元来の怠け癖が炸裂しています。

とりあえず「④に対して努力しないですぐにできそうな事」として名駅の支配人が使っている骨盤調整チェアをポチりました。

 

 

潜在意識の存在

 

「名駅支配人の愛用アイテムを買う」という行動。それは「意識してドローインできてないから、無意識で調整できるようにしよう」という考えです。この無意識の事を潜在意識と言います。

 

潜在意識について、私はこちらを参考にしているので引用して説明します。

出典:株式会社CCO 潜在意識の五段階(世界が一瞬で変わる潜在意識の使い方)

https://www.c-c-o.jp/method/

 

理論は理論、メソッドはメソッドでしかないので、日常で使いこなすには「自分に当てはめて使ってみる」という方法が一番早いと思っています。

 


という事で今回も私のメモ公開。

こちらが、様々な人の潜在意識にありそうな事を書き出したものです。

 

拡大すれば見える・・かな。

「骨盤調整チェアを買った」という行動はたった1%の中の事で、その行動は前段階の無意識が99%決めているんだよ。という図です。

行動という意思決定への影響力は下に行けば行くほど強いです。

 


私の行動に当てはめて説明しましょう。

 

①オリジナルマインド(本当の自分)

飽き性・怠け者・好奇心・大雑把・細かい事を気にしない

②アイデンティティ(在り方・こだわり

プロ・品質の高い仕事・価値を生む・喜ばせる・良い影響を与える・楽しみたい・かっこよさ・自分らしさ

③エネルギー(健康)

②を実行する為に常に85点以上を死守する!

腸と肝臓と睡眠大事・喉弱い・煙に弱い・あ、膝が痛い。

④認知(捉え方・感情)

膝が痛くて頭の動きが鈍い・・何とかしなくては!焦る感情

⑤思考

トレーニングするとして、今すぐできる事は・・そういえば名駅の支配人の椅子に座った時、骨盤がいい具合に立ったな。とりあえずすぐに手に入れよう。

という無意識の働きがあって、意識上の行動「購入」をしたという流れです。

 

下から順に進んでいって「健康」でストップがかかると、その上の「認知・思考」が本来通りの働きをしなくなり、行動が変わってしまうという当たり前の事ですね。健康を突破しても、次のイメージ(解釈)で「これは自分には必要ない」と捉えて止まってしまったり、感情で「あの人の言う事は聞きたくない」等でストップすると、行動まで行き着かないという事になります。

 

もし「膝が痛い」というトラブルが発生しなかったら、私の認知は通常通り働いて「プロとしてもっといい人財開発の仕組みを考えよう、社員の皆さんの役に立つ事はないかな、困っている人はいないかな」という思考がフル回転し、どんどん行動していた事でしょう。行動した数の分だけが「満足いく成果」に近づきます。

 


というように、行動の99%を無意識が支配しています。その無意識を自分のコントロール下に置けたら、むちゃくちゃいいと思いませんか?アイデンティティ、つまりどう在りたいか、どう生きたいかという夢が叶うんですよ。悩む事も減るでしょうし、自分らしく生きられます。

 

皆さんご自身や、周囲の友人、お客様、上司、部下に至るまで「なかなか行動が変わらないな」という人がいたら、潜在意識、無意識の5つのどこかに「変われない理由」が見つかる事でしょう。仕事の場合その多くは「認知」にあると言われますが、そもそも認知はアイデンティティありきの事です。

これも自己理解の一環ですので、ここまで読んでくれた方は是非下から順番に自分はどうかなと考えて書き出してみてください。下から上まで一貫性があるはずで、違和感のある項目があればそれを掘り下げていく事で「変われない原因」や「コントロールできない原因」が解決するかもしれません。

 

以前「在り方が大事」と発信しましたが、在り方こそ無意識を決める土台になります。注意点として、本当の自分を認め、受け入れた上で在り方を考えてみてくださいね。私は怠け者の自分を受け入れた上でプロ人財を在り方にしてますよ。

 

そして我々の提供する商品「健康」は人の行動、つまり人生を決める無意識の中でも3つ目に出てくる超重要な要素を提供しているんだよって事ですね〜

どんな販促がいいとか、どんな訴求テクニックがあるといった行動を考えるのも大事ですが、まず自分、そして目の前のお客様の潜在意識はどうだろうか?と真剣に考えてみてください。

 

明日はチーフ研修ですね。該当の皆さん頑張りましょう。

また来週〜

 

膝に詳しい優しいトレーナーの方、私の無意識にぴったりの提案を楽しみに待ってます!

 

クオリティビジネスパーソン「品格」

 

みなさんハイサイ!・・・じゃなかったこんにちは。人財開発部の川口です。まだ寒い。沖縄ロスです。

今週はリフレッシュ休暇明けからそのまま東京へ向かい任務を果たし・・

愛知に戻って内定者研修からの昇格面接、キャリア面談に新卒説明会と・・

あれ、海の中にいたのは1ヶ月前だっけ?と錯覚するような一週間でございました。情けない事にたまに脳がフリーズしてところどころ記憶が曖昧です・・・

人財開発部の年間の仕事最大のピークは3月から5月なので、これからずっとこんな感じが続きます。こういう時は本当に凡ミスが起きやすいので、栄養運動睡眠を意識的に強化しリスクヘッジを図ります。

 

新卒説明会ではもうベテランになりつつあるプロジェクトメンバーが活躍してくれ、年々改善を重ねて良いものを作っていけそうです。やはり「好きこそものの上手なれ」ですね!

 

さて今回はクオリティビジネスパーソンシリーズの2回目、テーマは「品格」です。

周囲にヒアリングしてみましたら、「品格」と聞くと「上品」と連想する方が多かったです。この二つをごっちゃにしないようにしましょう。

 

上品の例

1、身だしなみや立ち居振る舞いなどの外見関連の事

例)「上品なパール」「上品な所作」「上品な食べ方」など。

2、考え方など内面の事

例)人に親切である、他人と比較しない、人の良いところを見るなど。

3、行動に関する事

例)言葉が美しい、物を丁寧に扱う、悪態をつかないなど。

 

上品は「目に見えるもの」が多いですね。

 

 

品格は「上品」とは少々ニュアンスが違います。

ここでエリックエリクソンさんの説を紹介しましょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/エリク・H・エリクソン

 

 

品格は課題を乗り越えると得られるもの。

確かに「品格のある子供」とかあまり聞きませんね。

課題を乗り越えるのは個人だけでなく組織にも当てはまるというものです。そしてただがむしゃらに乗り越えるのではなく、そこに「徳」があるかがポイントです。

 

virtue(徳・品格)⇄vice(悪徳)

徳というのは、これをする事で誰を助けたり喜ばせたりできるか?と考えて行動する事。反対の悪徳は「嘘」「詐欺」など人を欺いて自分が得をしようという事ですね。

何となく業務を作業化せず「誰のため?何のため?」を常に考えているか?と自問自答する事からスタートすると良いでしょう。

 

組織としての品格は「世の中の課題解決のために真摯に取り組むこと」

個人としては「自らの課題を乗り越え続けること」と言えそうです。

 

 

では課題を乗り越え続けるにはどうしたら良いか?と考えてみましょう。

 

はいそうです。行動ですね。

何かが起きた時(事実)に対して改善のための行動をするから結果が変わる。だから行動しよう!間違いありません。

知識が足りないから勉強をしよう。

数値結果が思わしくないからとにかく行動しよう。

痩せたいから食事の量を制限しよう。など。

 

しかし、行動というのは意図していなければ継続しません。継続しなければ結果に到達しない。また、もしかしたら行動自体が誤っている可能性もあります。なので課題を乗り越えるためにまずすべきは・・・

 

行動に必要な意欲の源となる「解釈」を見直す事なのです。

解釈というのは時に「思い込み」「見ないふり」「勘違い」などの要素を含んでいる場合があります。

 

・このくらいでいいだろう

・まだ大丈夫だろう

・もうダメに違いない

・自分なんてたいした事ない

・自分は皆よりイケてる

といったものです。この解釈によって物事を判断し、全ての行動をコントロールしています。なのでまず課題を乗り越えるには自分の解釈の癖や特性、度合いを知る事が大切なのです。ネガティブになりやすい、過大評価しやすいというのも解釈の特性です。

 

キャリア面談で多い質問に

「何をしたら評価されるのか?」

「どんな本を読んだらいいか?」

というものがあります。

すぐに答えが得たいのはよくわかります。その答えは

「自分の解釈が正しいか周囲と摺り合わせ、そして行動に移す勇気」なのです。なぜ勇気なのかというと、自己評価が正しいかどうか知り受け容れる事だからです。

 

今日は品格を得るため、高めるために必要な要素の一つを紹介しました。クオリティビジネスパーソンシリーズはまだまだ続きます!

また来週〜