• 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

「ビジネススキル」カテゴリー

日常からヒントを得て仕事に繋げてる?

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

 

今日はね〜。

先週の研修から言いたいことがたくさんあるのですが・・・

テーマを一つだけにしてサクッと伝えます!

「日常からヒントを得て仕事に繋げてる?」です。

 


 

今週の出来事

 

NO.2向けにPL研修・マーケティング研修が開催されました。

(終わる頃には外が暗い・・)

 

アップデート終わりの参加者は身体も脳もフル稼働で長丁場の1日でしたね。みなさん真剣で集中力あるな〜と感心しましたよ。

 


 

マーケティングは特別なことなのか?

 

ワークの中で「事例に対して案を出しましょう」というのがありましたが、アイデアが出てくる人と、う〜んと悩んでしまう人の差は何でしょうか?実はもっと出てくるかなぁと期待してました・・・

 

座学で理論やフレームを習うと「覚えないといけない事」に思えるかもしれませんが、マーケティング脳を磨くのは日常からいかにヒントを見つけ、引き出しにストックできるか?の違いだけです。

 

同じものを見て、何を感じるか?

例えば今私は愛知県民の憩い場「コメダ」で作業しているのですが・・・

はい、これをみてあなたは何を考えますか?

 

 

私はまず・・・

 

立地・・駅近?

近隣・・ライバル店の数

駐車場・・車の来店を想定しているか、無料か

席数・・しっかり数える

回転数・・完全に予測、これと席数を掛け算。

客数・・今の時間で何人か

凡その客単価・・500〜700円かな〜

清潔度・・窓のサンを見ればわかるよ

窓から見える交通量・・車の流れ

 

から考えます。

この思考は自動です。どのお店に入っても全く同じです。

このくらいの単価と売上なら期待値はこうだな〜という基準をまず持ちます。

 

 

そのあと・・・

 

店内装飾・・気合の入れ度合い

清掃状態・・テーブル上の備品でわかるよ

お手洗い・・努力値がわかる

客層・・年齢・性別、年齢層高いなー

コンセントの有無・・無いところが多い

メニュー(キャンペーン)・・運営努力

隣の席の人の会話・・愚痴か商談が多いね

店員の雰囲気(チーム状態)・・人によって差があるな

商品・・コーヒー飲めないので品質がわからない

提供までの時間・・今日も安定の速さ

接客・・近すぎず遠すぎない

人数・・この時間は4名か〜

HP・・その場で見る

 

という感じでざっと見ます。

カフェに行っても、寿司屋に行っても、見るポイントは同じです。

全て無意識で見てしまいます。

 

90分滞在してこれらに思考を使うのはせいぜい5〜10分。

恐らく、みなさんは後半のところをチェックすることが多いのでは無いでしょうか?自分たちのヒントになりやすいですもんね。

こうやって「あ〜50周年なんだ〜スタンプで集客か〜何人対象でいくらかな〜」とか

 

「かなえてゆきたいこと」というキャッチコピーを見て、上田さんを思い出したりするのも楽しいですし。

(いっぱい、いっぱいと連呼するのもテクニックの一つ。届けたいターゲットが誰なのか予想がつきませんか?)

 

運営のプロになる皆さんは、マーケティングというアンテナを立てて「日常の、そこにあるものに興味を持つ」というところから始めてみてはいかがでしょうか?

コンサートとか旅行とか、感性を磨くチャンスは非日常だけでは無いですよ。

 

 

それをどう使うの?

 

定点で見た情報をひたすらストック。

情報は比較対象と比較目的がなければ意味がありません。

 

コメダ同士で他店舗で比べる→チェーン展開の穴がわかる

近隣のカフェと比べる→差別化の施策が見える

以前の同じ店と比べる→変化と結果が見える

というように、必要な時に出してくるのです。

 

例えば・・

あなたのマーケットで

「中高年の女性が多い。どんな商品が必要?」

という課題が出たとしましょう。

 

「中高年の女性」の脳内引き出しを開けるとコメダの記憶が出てきます。

コメダ好き→どこが好き?→仮説「椅子の配置?」「店内の色?」「必ずついてくる豆菓子?」

という仮説から、ターゲットの動きの一つが見えます。

それを商品開発のヒントの一つにします。

 

この時、中高年=コメダしかネタが無いと、使い物になりません。

一次情報として見たものはもちろん、

「該当の方々にインタビューして聞いてみた」までいくとヒントは増えますね。

 

 

みなさん。

 

日頃からあらゆるジャンルのあらゆる商品を体験して情報をストックしましょう。

アイデアを出したいなら、日々のアンテナの感度を高めよう!

お客様を飽きさせない為に、隣の店は、同業他社は何をしているのか?という思考を持とう。正確な情報は多ければ多いほど次の打つ手を考えるのに有利です。

 

来週はこの話題を顧客心理の面で掘り下げようかな〜

ビジネスパーソンが内省する時に効果的なフレーム

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

先週はウイルスにやられてダウンし、初のお休みをいただき失礼いたしました。

せっかくコツコツ貯筋していたのに、すっからかんになった気がします。

 

以前の私なら「意地でも根性で発信するぞ!」と行動していたのですが、今の私は「クオリティの低いものを出すくらいなら出さない」というポリシーです。(`_´)ゞ

体調管理とウイルスには気をつけます。


この2週間の出来事・・・

 

内定者研修を開催したり、出張して複数研修に出たりしておりました。

内定者は入社前からビジネスプレゼンの特訓に、フィットネス研修!必死ながらも和やかに進みました。入社が楽しみですね!

 


 

LINE@のご登録ありがとうございます!

多くの方にご登録いただき感謝です。一般的なテーマ毎の内容はLINEで毎日発信しております。

この人財開発道は「部長が社員へ贈る」に題名を変え、分量をコンパクトにしていく予定です。

 

ですので・・まだの方はLINE@に是非ご登録ください!

https://line.me/R/ti/p/%40nzt0003m

 


 

本日のテーマ

ということで、今回は私が久々に(ダウンしている間)たっぷり時間を使った「内省」をテーマにします。

 

皆さん内省してますか?

内省は意識しないとしないまま毎日がバタバタと過ぎていきます。気づけば「なんか達成感のないままもうお正月になっちゃった!」という事態に陥りがち。内省はビジネスパーソンにとって必要なことです。

 

内省と言っても

「ああすればよかった」

「あの時こう言えばよかった」

「あれはうまくいったな」

というように、浮かんでは消えなんとなく思って満足する空想に近いもののことではなく、明確にテーマを決めてペンと紙で行うものです。

 

今日は、私が内省の一歩目に使っているものを紹介します!

こちらは川口オリジナルではなく、何かの本で読んだことを私なりに使っているものです。

 

1、内省のタイミング

「失敗したー!やってしまったー!」

「〇〇がうまくいかないな」

「なんかうまくいったぞ!」

 

というように、自分の感情が動いた時に実行しましょう。失敗か成功に偏りますね。

 

2、内省の順番

上記内容でテーマを一つ絞ります。

例として今日は「納期を遅延してしまった」にしましょう。

①見る〜

→見た事を正しく認識しない

「納期はいつ。とインプットしたか?」

「分量はどのくらい?と認識したか?」

 

②思う〜

→思った事を言わない

「これは無理そう、これは大丈夫」と提出先に伝えたか

「なんの為にやるのか」が腹落ちしたか

 

③言う〜

→言った事をやらない

「計画通りに進めたか」

「おサボりしなかったか」

 

④する〜

→やった事を見ない

「進捗が早いのか遅いのか日々現在地を認識していたか」

なんの為という目的と出来映えが一致しているか

⬆︎これ大事。

 

失敗した時はこの4つの中のどこかに欠陥があります。分解して、認識するという順番です。

 

 

3、その後どうするか?

はい。分解したところ②の「思った事を言わない」に問題があったとしましょう。交渉を恐れて安請け合いしちゃったパターンですね。

 

それをKPTで分解します。

 

納期遅延の原因をふまえ、例としてKPTで分けました。

失敗の原因である「思ったことを言わない」を改善点に入れ、どうしたらできるか?の行動を挑戦に記入します。あとは次回トライするのみです!

1つのお題につき1つのトライにしましょう。1ヶ月たった1回の内省でも、年間で12個も成長できるんですよ!皆さんKPIは覚えてるでしょうから、ついでにKPTも覚えておいてね。

 

このポイントは実は「Keep、できていること」を認識することにあります。できなかった時は改善ばかりに目がいくのですが、出来ていることを書き出して続ける事も内省においては大切です。

ダメなとこばかり考えていても気が滅入っちゃうもんね!

 

ではまた来週〜

人間関係の感性を磨きましょう(後編)

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

先週は一流支配人養成講座★第二回が行われました!

前回は数値漬けでしたが・・今回は人間漬け!テーマは「チーム作り」「対人折衝力」の二本立てです。

 

通常2時間の研修であれば最低50時間のインプットと実践値が必須なのですが、今回の私の資料は100時間以上のものが詰まっていると思います・・そのくらい重要なテーマでした!

 


 

昨日12月分の研修予定を発信しましたが今回も大量です。全て「仕事を楽しくするため」に必要な内容ですが、基本自由参加ですので、参加したいという意思のある方だけ立候補してくださいね!

 

特に当社しか知らない生え抜き社員の皆さんは、入社以降じゃんじゃん研修が降ってくるので当たり前と感じるかもしれませんし、中には「負担・不満」と感じる方もいるかもね〜。

当社のように「管理職に近づく度に研修費用が増額される(しかも高額)」という仕組みの会社は本当に少数。稀です。少なくとも私は他に知りません。

多くの会社は「新入社員研修はドカンと実施するが、あとは放置、現場で勝手に覚えて」というのが普通で、自分のスキルには自分で責任持ってねというのが一般的です。

https://news.yahoo.co.jp/byline/nakaharajun/20170824-00074876/

今の環境をどう捉え、どう活用していくかはみなさん次第です!

 

 


さて今日は「ではどうやって感性を磨くんですか?」というテーマです。

一流支配人研修でもお伝えした事を入れながら紹介していきますよ。

 

先週の「愛さんの美容院問題」には大変多くの回答をいただき、ありがとうございました!(あの形だとみなさん答えやすいのかもね〜)PT社員の方からも回答をいただき大変嬉しく思いました。

適正価格は「0円〜3500円」と開きがありました。この「常に適正価格は?それはなぜ?と考える」というのが感性を磨く一つのポイントになります。

適正価格を考える時、比較対象を知っていて、客としての目線での経験がないとわかりませんね。

 

この話で伝えたかった事は、お客様から見たら我々の業界も同じように常に比べられている。という事です。廉価なジム(のようなもの)は乱立しています。でも価格は「適正価格」らしき金額を設定していますよね。我々のすべき事は多くの方に本物、本質をどうやって伝え、幸せの輪を広めていくかです。

 

それでは感性の磨き方です!

 


 

1、オンタイムは人見知り卒業

 

こちらは支配人養成講座でも冒頭で申し上げましたが、人見知りの人〜?という質問にほぼ全員が挙手をしますよね・・・

まずは自分の事を人見知りだと思うのはやめましょう。もちろん私生活はご自由になのですが、我々の仕事は他者と協働し、更にお客様をモチベートし行動を促すものなので、人との折衝は避けては通れない宿命です。

そんな中、人見知り=人付き合いが苦手なので配慮してねという非言語メッセージが出てしまうのは、実は仕事のボイコットでもありますし、相手に失礼に当たります。

そして・・・みなさん自分が思っているほど人見知りではないかもよ。

 

私は人見知りなので、人との接点を避けてしまいます。

私は人見知りなので、挨拶やお礼は苦手です。

私は人見知りなので、他人に興味が持てません。

私は人見知りなので、好きな人とだけ接点を持ちたいです。

私は人見知りなので、できれば話しかけて欲しくないです。

 

はい。上記が人見知りです。そんなに当てはまらないのではないですか?

そして仕事においての人見知りの何がよくないかというと、「私は人見知りなので」を抜いた態度が、相手に非言語メッセージとして伝わるからです。

こちら↓

 

私はあなたとの接点を避けてしまいます。

私は挨拶やお礼は苦手です。

私はあなたに興味が持てません。

私は好きな人とだけ接点を持ちたいです。

私はできれば話しかけて欲しくないです。

 

これは・・ただの感じの悪い人・・

なのでプライベートでは避けておけばよいですが、チームで一緒に仕事するの大変そうですし、ましてや客としてはこういうスタッフは無しだよね。だからオンタイムは「人見知り」を卒業しましょう。

 

「そうは言っても苦手なんだよぉーーーー!!!」という方は、自分が何タイプの人見知りなのか知る事から対策を始めましょう。

 

それぞれに対策のポイントはありますが、知りたい方は人見知りっぽい事を卒業するためにも私に直接聞いてください。

 

 

 

2、相手の時間の価値を知る

 

時間です。タイムイズマネーって新入社員研修で習う事が多いと思いますが、もうマネーどころではないですよ、タイムイズライフと考えましょう。ここでは時給を命の値段とします。

ここからの話は感性を磨くためなので「世の中金が全てじゃないよ!」「命は金額に換算出来ないよ!」という考えや捉え方は一旦置いてください。そして時間の価値だけに意識を向けてみてください。

 

まずあなたは自分の時給を知っていますか?

例えば・・年収500万円のA君、年間270日、1日8時間勤務として時給は約2,300円です。(本当は会社負担など加味するとこんな単純な計算じゃないですし、もっと高いです!ここでは簡易的にいきます)

真剣に真剣にお客様に価値を生むために一生懸命あなたが過ごした時間で2,300円という報酬を得ています。そして残りの時間を大切な人に使ったり、楽しみにしていた趣味に使ったり、自分の将来のために更に投資したりするんですよね。1分たりとも無駄にしたくないですよね。まずその感覚をあなたが持ってください。

 

そこで突然「なんか暇そうですね。1時間ほど私の話を聞いてもらえませんか?」と声をかけられました。あなたはどんな気持ちになりますか?

これを理解する事が感性を高める一歩目です。つまり相手の時間の真価を理解し、相手の時間を尊重する為に自分がすべき事は何か?相手の時間の価値を高める為に、自分が提供すべき事は何か?を真剣に考える事がスタートです。

 

 

 

3、相手の人間(じんかん)価値観を知る

 

社会人ともなれば人間関係は複雑です。1対1はありません。

目の前にいるAさんの背後には、Aさんがお世話になった人、Aさんがお世話している人、Aさんが影響を受けている人、Aさんが大切にしている人、Aさんのライバルまで、関係は様々です。

感性を磨くには、Aさんとあなたという1対1で考えず、Aさんが前後左右背後までどんな価値観でどんな人間関係を築く人なのかをまず知る必要があります。人は自分のテリトリーの人間関係を乱される事を嫌いますからね。逆に活性化したり、役に立つ事なら大歓迎です。どんな情報をどのタイミングで、どのルートで伝えれば良いか?真剣に考えるのです。(これができるとホウレンソウの達人になれます)

どうせなら喜ばれたいよね?

 

 

 

4、多様な経験値を知るチャンスを得に行く

 

例えばフィットネスのサービス提供側からすると、

「廉価クラブから高級クラブまで、一通り経験してきたよ!」

という愛好家の方と

「とにかく運動もしていないし初めてなんです」

という方、同じ案内をするはずがない!と思いますよね。

 

顧客には「私にぴったりの案内を聞きたい」という事前期待が存在していますので、相手の経験値をベースに組み立てる必要があります。サービスとなると「そんなの当たり前」と気づくのですが、対人となるとどうでしょう。

人見知りの話に戻ると、同世代、同期、同カテゴリーなら大丈夫という方が多いようですが、それは経験値がそんなに変わらないだろう、知っているから大丈夫、大失敗はしないという安心感かな。

 

これがあまり知らない人、年上や上司となると・・

経験値がある?→わからない!恐怖!→避ける→人見知り

という図式ではないでしょうか。

感性を磨くためにやるべき事は、自分より年上、自分より役職が上、自分より経験豊富そうな相手との接点を持ち、それぞれの経験値を聞く数を増やす、既知を増やすのです。

「ごく普通の人」なんていませんよ、それぞれにこれまで経験したドラマもあるし、事件もあったりするし、それを超えて今あなたの目の前にいる個性なのです。そんな未知の方々に喜んでもらう為に感性を磨くのですよ。

目の前の生身の人間に興味を持って突っ込んでいかないなんて、おもてなし企業の社員のプライドとしていかがでしょう?

 

 

 

5、選択肢を多く持つ(情弱卒業)

 

上記に近いものがありますが、あなたの中の情報が少なすぎる状態だと、感性を使って多くの人の満足を追求する事は困難です。※情弱→情報弱者

「経験値」も一つの情報ですし、世の中の流れ、流行している事、不動の人気作品、音楽、映画、芸術なども情報ですし、社会問題や経済界で活躍している人、影響力を持っている人の発言なども必須でしょう。

基本的な事で「人間」を知る事も同じです。運動生理学を知るのと同じように心理学も必要ですね。

そして我々が忘れてはいけないのが信用信頼に関わる事。例えば「礼儀」です。何かあった時にどんな行動をとるべきか?少しでも不安ならそのままにしないことがポイントです。

情弱で人生を損しない為にも、オンタイムの脱人見知り!頑張りましょうね!

 

 

おまけ!

有我支配人おめでとう!

明日は各委員会!楽しみです。また来週〜