• 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

  • 部長が社員へ贈る「人財開発道」

    部長が社員へ贈る
    「人財開発道」

Author Archive

日常からヒントを得て仕事に繋げてる?

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

 

今日はね〜。

先週の研修から言いたいことがたくさんあるのですが・・・

テーマを一つだけにしてサクッと伝えます!

「日常からヒントを得て仕事に繋げてる?」です。

 


 

今週の出来事

 

NO.2向けにPL研修・マーケティング研修が開催されました。

(終わる頃には外が暗い・・)

 

アップデート終わりの参加者は身体も脳もフル稼働で長丁場の1日でしたね。みなさん真剣で集中力あるな〜と感心しましたよ。

 


 

マーケティングは特別なことなのか?

 

ワークの中で「事例に対して案を出しましょう」というのがありましたが、アイデアが出てくる人と、う〜んと悩んでしまう人の差は何でしょうか?実はもっと出てくるかなぁと期待してました・・・

 

座学で理論やフレームを習うと「覚えないといけない事」に思えるかもしれませんが、マーケティング脳を磨くのは日常からいかにヒントを見つけ、引き出しにストックできるか?の違いだけです。

 

同じものを見て、何を感じるか?

例えば今私は愛知県民の憩い場「コメダ」で作業しているのですが・・・

はい、これをみてあなたは何を考えますか?

 

 

私はまず・・・

 

立地・・駅近?

近隣・・ライバル店の数

駐車場・・車の来店を想定しているか、無料か

席数・・しっかり数える

回転数・・完全に予測、これと席数を掛け算。

客数・・今の時間で何人か

凡その客単価・・500〜700円かな〜

清潔度・・窓のサンを見ればわかるよ

窓から見える交通量・・車の流れ

 

から考えます。

この思考は自動です。どのお店に入っても全く同じです。

このくらいの単価と売上なら期待値はこうだな〜という基準をまず持ちます。

 

 

そのあと・・・

 

店内装飾・・気合の入れ度合い

清掃状態・・テーブル上の備品でわかるよ

お手洗い・・努力値がわかる

客層・・年齢・性別、年齢層高いなー

コンセントの有無・・無いところが多い

メニュー(キャンペーン)・・運営努力

隣の席の人の会話・・愚痴か商談が多いね

店員の雰囲気(チーム状態)・・人によって差があるな

商品・・コーヒー飲めないので品質がわからない

提供までの時間・・今日も安定の速さ

接客・・近すぎず遠すぎない

人数・・この時間は4名か〜

HP・・その場で見る

 

という感じでざっと見ます。

カフェに行っても、寿司屋に行っても、見るポイントは同じです。

全て無意識で見てしまいます。

 

90分滞在してこれらに思考を使うのはせいぜい5〜10分。

恐らく、みなさんは後半のところをチェックすることが多いのでは無いでしょうか?自分たちのヒントになりやすいですもんね。

こうやって「あ〜50周年なんだ〜スタンプで集客か〜何人対象でいくらかな〜」とか

 

「かなえてゆきたいこと」というキャッチコピーを見て、上田さんを思い出したりするのも楽しいですし。

(いっぱい、いっぱいと連呼するのもテクニックの一つ。届けたいターゲットが誰なのか予想がつきませんか?)

 

運営のプロになる皆さんは、マーケティングというアンテナを立てて「日常の、そこにあるものに興味を持つ」というところから始めてみてはいかがでしょうか?

コンサートとか旅行とか、感性を磨くチャンスは非日常だけでは無いですよ。

 

 

それをどう使うの?

 

定点で見た情報をひたすらストック。

情報は比較対象と比較目的がなければ意味がありません。

 

コメダ同士で他店舗で比べる→チェーン展開の穴がわかる

近隣のカフェと比べる→差別化の施策が見える

以前の同じ店と比べる→変化と結果が見える

というように、必要な時に出してくるのです。

 

例えば・・

あなたのマーケットで

「中高年の女性が多い。どんな商品が必要?」

という課題が出たとしましょう。

 

「中高年の女性」の脳内引き出しを開けるとコメダの記憶が出てきます。

コメダ好き→どこが好き?→仮説「椅子の配置?」「店内の色?」「必ずついてくる豆菓子?」

という仮説から、ターゲットの動きの一つが見えます。

それを商品開発のヒントの一つにします。

 

この時、中高年=コメダしかネタが無いと、使い物になりません。

一次情報として見たものはもちろん、

「該当の方々にインタビューして聞いてみた」までいくとヒントは増えますね。

 

 

みなさん。

 

日頃からあらゆるジャンルのあらゆる商品を体験して情報をストックしましょう。

アイデアを出したいなら、日々のアンテナの感度を高めよう!

お客様を飽きさせない為に、隣の店は、同業他社は何をしているのか?という思考を持とう。正確な情報は多ければ多いほど次の打つ手を考えるのに有利です。

 

来週はこの話題を顧客心理の面で掘り下げようかな〜

ビジネスパーソンが内省する時に効果的なフレーム

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

先週はウイルスにやられてダウンし、初のお休みをいただき失礼いたしました。

せっかくコツコツ貯筋していたのに、すっからかんになった気がします。

 

以前の私なら「意地でも根性で発信するぞ!」と行動していたのですが、今の私は「クオリティの低いものを出すくらいなら出さない」というポリシーです。(`_´)ゞ

体調管理とウイルスには気をつけます。


この2週間の出来事・・・

 

内定者研修を開催したり、出張して複数研修に出たりしておりました。

内定者は入社前からビジネスプレゼンの特訓に、フィットネス研修!必死ながらも和やかに進みました。入社が楽しみですね!

 


 

LINE@のご登録ありがとうございます!

多くの方にご登録いただき感謝です。一般的なテーマ毎の内容はLINEで毎日発信しております。

この人財開発道は「部長が社員へ贈る」に題名を変え、分量をコンパクトにしていく予定です。

 

ですので・・まだの方はLINE@に是非ご登録ください!

https://line.me/R/ti/p/%40nzt0003m

 


 

本日のテーマ

ということで、今回は私が久々に(ダウンしている間)たっぷり時間を使った「内省」をテーマにします。

 

皆さん内省してますか?

内省は意識しないとしないまま毎日がバタバタと過ぎていきます。気づけば「なんか達成感のないままもうお正月になっちゃった!」という事態に陥りがち。内省はビジネスパーソンにとって必要なことです。

 

内省と言っても

「ああすればよかった」

「あの時こう言えばよかった」

「あれはうまくいったな」

というように、浮かんでは消えなんとなく思って満足する空想に近いもののことではなく、明確にテーマを決めてペンと紙で行うものです。

 

今日は、私が内省の一歩目に使っているものを紹介します!

こちらは川口オリジナルではなく、何かの本で読んだことを私なりに使っているものです。

 

1、内省のタイミング

「失敗したー!やってしまったー!」

「〇〇がうまくいかないな」

「なんかうまくいったぞ!」

 

というように、自分の感情が動いた時に実行しましょう。失敗か成功に偏りますね。

 

2、内省の順番

上記内容でテーマを一つ絞ります。

例として今日は「納期を遅延してしまった」にしましょう。

①見る〜

→見た事を正しく認識しない

「納期はいつ。とインプットしたか?」

「分量はどのくらい?と認識したか?」

 

②思う〜

→思った事を言わない

「これは無理そう、これは大丈夫」と提出先に伝えたか

「なんの為にやるのか」が腹落ちしたか

 

③言う〜

→言った事をやらない

「計画通りに進めたか」

「おサボりしなかったか」

 

④する〜

→やった事を見ない

「進捗が早いのか遅いのか日々現在地を認識していたか」

なんの為という目的と出来映えが一致しているか

⬆︎これ大事。

 

失敗した時はこの4つの中のどこかに欠陥があります。分解して、認識するという順番です。

 

 

3、その後どうするか?

はい。分解したところ②の「思った事を言わない」に問題があったとしましょう。交渉を恐れて安請け合いしちゃったパターンですね。

 

それをKPTで分解します。

 

納期遅延の原因をふまえ、例としてKPTで分けました。

失敗の原因である「思ったことを言わない」を改善点に入れ、どうしたらできるか?の行動を挑戦に記入します。あとは次回トライするのみです!

1つのお題につき1つのトライにしましょう。1ヶ月たった1回の内省でも、年間で12個も成長できるんですよ!皆さんKPIは覚えてるでしょうから、ついでにKPTも覚えておいてね。

 

このポイントは実は「Keep、できていること」を認識することにあります。できなかった時は改善ばかりに目がいくのですが、出来ていることを書き出して続ける事も内省においては大切です。

ダメなとこばかり考えていても気が滅入っちゃうもんね!

 

ではまた来週〜

ブランドを守るのはあなたです

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

すっかり秋。寒さを自覚したら負けなので自宅では半袖で過ごしていましたが、今朝とうとう限界を迎えました。寒い季節になりましたね。

 

先週は会社としての活動が盛りだくさんでした!

 

新任PTリーダー研修

代表の奥地リーダーより「当事者意識持ってますか?」という現役リーダーの強烈なメッセージ。新任の皆さんに刺さりました。(写真は勢い余って波動を送っているように見えます・・)

 

 

 

新コーチ認定講座

全店から43名の新コーチが誕生しました。

これでアイレクスの誇るホスピタリティが今後もますます強化されることでしょう。

今回の認定講座では、スキルよりも「ブランド」というメッセージを強くしました。全員でブランドとは何か?再確認する時間となったのではないでしょうか。

 

 

 

OJT研修

講師はこの日のために何時間準備したのか計り知れない木村さん。

ただの研修ではなく「来週全店で行われる全スタッフ向けの研修のやり方」までのレクチャーですから、ブランドへのこだわりや執念を感じる企画です。

 

その後はスタジオ、ジムエリア、フロント、おもてなし各委員会を開催、フロント向上委員会は白熱して最長記録を達成したのではないでしょうか。休館日にも関わらず主体的に70名近くが真剣に自分達のブランドを考える光景は圧巻でした。

そんな各位委員長の魂のこもった議事録を昨日全員に送りましたので、皆さん隅々まで確認してくださいね。

 


 

ということで・・

本日のテーマはもちろん「ブランド」です。

 

コーチ認定講座の中で「ブランドといえば?」と聞きましたら、「ナイキ!」「アディダス!」というスポーツブランドのオンパレードでございました。ハイブランドで唯一出たのが「アルマーニ・・・」

ブランドのイメージとしては「安心感」「こだわり」「特別」「品質」などの意見が出てきました。

 

 

ブランドとは何か?

 

マーケティングの神、フィリップコトラー氏は以下のように言っています。

 

ブランドとは、個別の売り手
または売り手集団の財やサービス
を識別させ、競合する売り手の製品や
サービスと区別する為の名称、言葉、
記号、シンボル、デザイン
あるいはこれらの組み合わせ

 

 

一見「かっこよさ」という印象を持つかもしれませんね。

当社でいうと、かっこいい施設とハイクオリティな商品はブランドです!確かに、顧客から見て一目で他との違いがわかるというのはブランドの要素ですね。

 

・・・と思って安心してしまってませんか?

ではサービス、デザインやロゴが完成されていればブランドは永久なのでしょうか。

 

私はブランドを「顧客との約束」と捉えています。

このブランドは裏切らない!(だから好き)

と顧客が常に感じているからこそのブランドです。

提供する側の満足ではありません。

 

 

 

さてここで問題です

有名どころを拝借しました。

ぱっと答えてみてください〜

答えを決めてから下に進んでね!

 

 

①次のブランドの顧客との約束は?

 

こたえ:夢の国

 

 

 

 

②次のブランドの顧客との約束は?

 

こたえ:10秒チャージ2時間キープ

 

 

 

 

 

③次のブランドの顧客との約束は?

 

こたえ:家庭でもなく職場でもない第3の空間

 

 

 

 

 

③次のブランドの顧客との約束は?

 

こたえ:吸引力の落ちないただ一つの掃除機

 

 

 

 

 

 

⑤次のブランドの顧客との約束は?

こたえ:事務用品が 明日届く

 

 

 

 

 

 

⑥次のブランドの顧客との約束は?

 

こたえ:女性だけの30分健康体操教室

 

 

 

 

 

 

⑦次のブランドの顧客との約束は?

こたえ:10分の身だしなみ

 

 

どれも裏切らないよね!

 

 

 

ラスト!

次のブランドの顧客との約束は?

こたえ:こたえはあなたの中にあります。

毎日無意識で唱和しちゃってる人・・・

「約束」と認識して口にしましょう

 

 


では、その約束を守るために必要な事を簡単に3つお伝えしておきます。

 

1、常に金額と見合った品質である

ハンバーガーはお好きですか?

あるブランドでは100円で買えます。

でも高級ホテルのラウンジには10,000円のハンバーガーがあります。

本来100円でも手に入るものに10,000円支払う時、すごく期待しますよね。場の雰囲気、テーブル、ナイフやフォーク、スタッフの対応、そしてもちろんビジュアルや味も。

どれか一つでも「イメージと違う、安っぽい」と思われたら台無しです。

ご見学の方に「ジムに来なくても外を走ればタダ」と言われたことありませんか?常に運動という「タダでもできることに対価を支払うだけの品質を求められている」と自覚しましょう。

 

 

 

2、ムラがない

これです。サービス業で人がブランドと言えるものが少ないのは、多くの人間が取り組むことでどうしてもムラができるからです。どこにでも素晴らしいスタッフはいますが、それと同時にダメなスタッフが目立ってしまいます。

そして残念なことに、顧客の印象に最も強く残るのはダメなスタッフの方なのです。

例えば・・エルメスでバッグを買うとしましょう。東京で買ったら皮も素晴らしくて丈夫だったのに、名古屋で買ったらすぐ壊れた、なんてことありえませんよね。いつどこで買っても一定以上の品質。ブランドとはそういうことです。

我々が施設や商品だけでなく、人でもクオリティブランドを表現するという挑戦に時間と情熱をかけ続けるのはその為です。

これを読んでくれている人は、自分一人ができているのは当たり前で「周囲の品質は高い品質を一定で提供できているか?」を考えてみてください。

 

 

 

3、安心と同時に期待がある

ブランド=約束、裏切られない安心ということはご理解いただけたと思いますが、それだけではありません。慣れれば飽きます。ここは抜群の安定感を維持しながら、次はもっといいものが出てくるのではないか?もっとワクワクさせてくれるのではないか?という期待が持てる事もブランドの条件です。

トレーナーなら常に新しい知識を入れる、インストラクターならどんどん上手くなっている、フロントなら毎回違う声をかけてくれる、支配人なら施設のリニューアルや、新商品やイベントが次々に出てくる、相手に期待をしてもらう努力を止めたらブランドはすぐにブランドではなくなります。

精進精進!

 

ではまた来週〜!

 

長い文章を読むのが苦手なあなたへ

LINE@では毎朝ライトでショートなバージョンをお届け!

ぜひぜひ友達登録してね〜

https://line.me/R/ti/p/%40nzt0003m