1分でわかる「エンゲージメント」

働き方改革がホットワードになりだした頃から、よく耳にするようになった「エンゲージメント」

社員の定着、組織の強化の為、定期的にエンゲージメントサーベイを行う会社も増えています。

部下を持ち人財を管理する立場ともなれば、基礎知識として持っておきましょう。

エンゲージメントとは?

約束、契約という意味もありますね。エンゲージメントリングっていいますよね。

企業で使う場合は社員満足度、愛社精神などと捉えるケースが多いように感じますが「組織と個人が一体となり相互成長すること」です。

エンゲージメントサーベイは、社員アンケートから組織診断として数値化したものです。

従業員満足度調査との違い

従業員満足と混同されることが多いのですが、満足度調査は主に

  • 福利厚生(給与・休日など)
  • 労働環境(シフトや通勤など)
  • 人間関係(チーム内の雰囲気など)

これらに対する満足度を知る為に行うものです。

エンゲージメントの種類

エンゲージメントには「従業員エンゲージメント」と「ワークエンゲージメント」があります。

従業員エンゲージメント

正確な定義はありません。日本特有の文化が影響している様で海外とも異なります。

主に

  • 組織との一体感や人間関係(社会的欲求)
  • 評価の満足度
  • 業務関与の度合い

などが挙げられます。

ワークエンゲージメント

没頭度というと理解しやすいかもしれません。

私が使っているサーベイにも「没頭」「活力」「熱意」という項目があります。

  • 没頭→夢中になるくらい熱量があるか
  • 熱意→やりがいを感じているか
  • 活力→仕事をすると元気になるイメージ、出勤が楽しみ!

こんな項目です。

これは私の解釈ですが、エンゲージメントサーベイは過去の振り返り、ワークサーベイは未来への指標というイメージがあります。

前者は労務も絡みマイナス要素をなくす目的、マズローで言うと社会的欲求を整え承認欲求を呼び起こすもの。

後者はプラスを生み出すヒント、マズローで言うと自己実現への促しと感じており、後者の項目を多くした方が本当の意味での「相互成長」による組織強化につながると考えています。

サーベイの目的

そもそも何の為に調査するの?という原点に立ち返りますと、

  • もちろん離職抑制、継続促進
  • 業務パフォーマンスの向上
  • 組織への関与・愛着心の強化

この3つをもって業績を向上させつつ、個々の人生の満足度も上げていこうというものです。

サーベイを実施するときは、この概念の中で今組織では何が問題なのか?を念頭に選択されると良いでしょう。

エンゲージメントを高めて組織強化したい経営者・幹部の皆様へ

株式会社cocoraiseでは「エンゲージメントと業績をともに高める強い組織作り」のエッセンスを採用・教育・評価・配置に分けてメルマガで配信していきます。

是非ご登録ください!10秒で完了!

https://maroon-ex.jp/fx125145/hMkajG

最新情報をチェックしよう!
>株式会社cocoraise

株式会社cocoraise

〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2丁目34-1 セントラル名古屋1101    (TEL)052-766-5968/(FAX)052-766-6315                                 ★サービス業におけるマネジメント研修 ★CS研修 ★職能別人事考課策定 ★階層別研修 ★新卒採用代行 ★研修内製化に伴う社内講師育成 ★女性管理職育成 ★企業内キャリアコンサルティング ★ビジネスコーチング

CTR IMG