面談の流儀

こんにちは川口です。

今年度のミッションのひとつが「声」

ボイストレーニングを計画しています。

声は目に見えませんが、人に伝える手段。筋トレとボイトレをコツコツ続けております。

今週はよく降りましたねぇ・・今も土砂降りです。

基本傘が嫌いなので刺さずに移動する方法を考えるのですが、さすがに今回の土砂降りは無理ですね・・・


選手交代!

毎年2回、所属会社にて数年、全社員に定期キャリア面談を実施してきたのですが、担当をバトンタッチしました。

個人的にキャリア面談はとても好きな仕事です。

しかし人事管理をクラウド化したこと、そして100人を超える社員の組織強化を考えると、私一人に情報集約することは最適解ではないので、組織も進化ですね!

でもやります〜

とはいえ、前回までシリーズだったのに急に?という方もいらっしゃり、ごもっともな話。キャリア面談は個と個の信頼関係の元で実施してますからね。

ZOOM面談にはなりますが、ひっそり「希望者のみやりまっせ」と発信したところ想定以上に反応いただいた皆さん!求めてくださりありがとうございます笑

楽しみにしてます!

ところで面談とは

キャリア面談は「個人のキャリア」というテーマが明確です。

1on1なら目標設定や進捗管理?

というように、目的があって実施するのが面談です。

様々なチームの面談を見てきて思うことがありますのでサクッと。

残念面談

面談自体には大変価値があります。

しかし、

  • 1)片方が面談を「接触時間(信頼関係を構築する)」と位置付けている
  • 2)リードする方が、自分のフィールドで進めている
  • 3)準備をしていない

こんなケースが多いのも事実です。

1、接触時間と位置付けている

部下とコミュニケーションをとってます!という上司の方で、「面談してます」という方がいるのですが、面談には面談の目的があるので、俗に言う「仲良くなる目的」とか「コミュニケーションらしきもの」とは明確に分けた方が良いです。

また、相手の心理状態が「通常」ではない場合、通常に戻すという目的だけで面談する必要があり、そこに業務指示を放り込んでも良い結果は望めません。あれもこれもと詰め込まず割り切りが大事です。

2、自分のフィールドで進めている

相手に合わせましょう!と言うと、

ペーシング(相手のペースに合わせる)

ミラーリング(動きを似せる)

バックトラッキング(復唱確認)

などやってるから!という方多いですね。もちろん大事なんですよ。これを無意識でやっているなら、それは「思いやりのある上司」として一目置かれていることでしょう。

しかし、部下を抱える身としてはこれらはもはや、技術ではなく「マナー」とか「常識」の部類です。筋トレ前にストレッチしてますっていうのと同じ類の話なので、安心してはいけません。


エニアグラムとか9つの性格とか、人を分類するツールは山ほどありますが、占いのような位置付けになっていないかなぁと感じます。

「あ〜当たってる〜!」と嬉しくなっちゃって、自分の事だけ納得して終わる。

部下を持ったら、最低限部下の特性は一通り把握しましょう。

じゃあ面談で活用する相手のフィールドって何?

・脳タイプ(何が優位に働きやすいのか)

・VAKタイプ別ツール選定

・思考タイプ(時系列・空間・視座)別に届くアプローチ

仕事を通した人間関係であれば、主軸は「キャリア」ですからこの3つをピンポイントで抑えることが大きく参考になるのですが・・・

面談の難しいところ

話している間に結局自分のフィールドに戻って行ってしまうところなんですね。

上司も人間ですからね。相手のフィールドは自分とは違うので、そこに居続けながら自分の言葉で挑むには、最初は我慢の連続!集中力と思いやりが必要。

私は恐らく面談回数が抜群に多いと思いますが、それでも手元のメモには相手のフィールド情報を置いて挑んでいます。修行中なので!

最初は聞いてくれたのに、結局上司がいつもの俺主張、私主張を聞かせる、という構成では相手の行動変容・目標達成という面談のゴールにたどり着かなくなります。

面談をする人はここは真剣に学ばれると良いかと思います。

3、準備をしていない

「さあ、面談やりましょう」と手ぶらでやってる方。

何を材料に面談するのでしょうか。

面談はロジックベースなので、どのロジックに対して何を決めるのか。を予め合意しておくこと。

必要なツールは事前に決めておくと有意義に時間が使えますね。

一番冷めるのは「あれはどうだった?これは?」と面談の途中で記憶や数値を追わせたりすることで、これが続くと「尋問のような嫌な時間だ」という印象がついてしまいます。

嫌なものは避けますから、面談が逆効果になったりね・・・

面談も型はありますが、相手の世代が変わればやり方も変わります。

リーダーシップを持ってマネジメントしましょう。

な〜んて内容を含んだセミナーをやります!

http://urx.blue/SVhw

最新情報をチェックしよう!
>株式会社cocoraise

株式会社cocoraise

〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2丁目34-1 セントラル名古屋1101    (TEL)052-766-5968/(FAX)052-766-6315                                 ★サービス業におけるマネジメント研修 ★CS研修 ★職能別人事考課策定 ★階層別研修 ★新卒採用代行 ★研修内製化に伴う社内講師育成 ★女性管理職育成 ★企業内キャリアコンサルティング ★ビジネスコーチング

CTR IMG