• 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

  • 人財開発道

    人財開発道

質問に答えます「プロって何ですか?」

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

わたくし、この1週間は普段に増してインプット祭りでございました。アドレナリンが出まくりです!!PCのメモページとリマインダー項目が急増です。

 

まずこちら

HRサミットへ参加してきました。

人事関連のSPORTECといえばわかりやすいでしょうか。ぶっ通しでセミナーに4本出てきました。(もちろん全て前の席を確保!)内容は採用・教育・労務を選びました。多すぎるので来週からピックアップして皆さんにシェアしますね。

 

とにかく「業界動向」「最新の情報」を常に感じておく事にはこだわっています。ヒントしかありません。印象としては「来場者の年齢層が超高いな〜」「講師の年齢層は下がってるな〜」の二つでした。HR業界の中に入ると自分のひよっ子レベルを痛感します。

 

今回は「HRテック」も含まれるので展示ブースは「WEB面接」とか「進化したEラーニング」など。どんどん便利になってますよ本当に。何をどう選ぶにしても比較母数、体験数が多ければ多いほど正しい選択眼が得られます。

皆さんもフィットネス業界の動向にはもっともっと敏感になって既知を増やしてくださいね。

 

 

そして休日はたまたま見つけたイベントへ・・

以前プロになりたければプロから学べ、と書きましたが、吸い寄せられるように聞き入ってしまいました。

進行から内容まで「プロそのもの」です。途中で鳥肌がたった場面があったのですが、これはプロになりたい人にだけどこかでシェアしますね!いや〜最高の経験でしたよ。

 

 

 

前置きが長くなりました。本題です。

先週はアカデミーのご参加ありがとうございました。

各委員会の発表に対して「わくわくした」「必要だと思っていた」など全てが好意的な感想でした。おもてなし向上委員の成果物に関しては、みなさん前のめりで聞いてくださっていましたね。各委員長、そして木村さんお疲れ様でした!ここからは社員一人ひとりの運用力が成功のカギです。引き続き進んでいきましょう。

 

レスポンスシートに出てきた言葉ダントツ1位は「プロ」でした。社長の言葉が刺さったようですね。そんな中、明確な質問をくださった方がいました。そうです。今日の主役はあなたです。

 

質問

プロというのはどのような基準でプロなのでしょうか?

 

回答

これは支配人懇親会でも複数質問が出ていました。皆さんすごく難しく捉えているんですね。プロであるべきというのは分かる。ではプロって何?定義は?という事ですよね。懇親会の中での社長の回答を含め以下回答します。

 

 

1、「自分はプロ」というプライド

まずこれね。皆さんフィットネス運営会社から報酬を得ているのだからプロだよね?「まだ修行中で」とか「自信がなくて」は通りませんよ。「私は〇〇のプロです」って言うのです。

ちなみに私は人財開発のプロです。「ついさっきひよっこレベルって言ったじゃん!」って思いませんか?現在の実力がどうとかではないのです。何にプライドを持って進むと覚悟を決めているかです。

私もあなたもこの人もあの人も、能力なんて本当に大差ないのですよ。覚悟だけです。プロと名乗った瞬間から「妥協のないプロの世界」に足を踏み入れる覚悟をしたということです。

支配人、副支配人、チーフ、トレーナー、スクール、インストラクター、管理栄養士、フロント、セールス、接客・・色々あるよね。何のプロって言う?自分が言ったものになるんです。自信を持って言うのです。まずこれ読んだら必ず声に出して言ってみて。さんはい!

 

 

言いましたね。大人は言った事を実行するんですよ。

ようこそプロの世界へ!

 

2、妥協ゼロ!のこだわり。

プロには「まあこのくらいでいいや」「まあいっか」という「まあ」という概念がそもそもありません。なので私は「まあ」という言葉を使うことはありません。

常に最良を追求しています。ゴールはないです。これは私の経験上ですが、プロは自分の中に掟を持っていて「絶対にそれだけは譲らない」という事に命をかけるレベルにこだわりがあるなと感じます。支配人なら約束の利益を死守する、副支配人ならチームの風土を乱す事は絶対に許さない、その姿勢がプロなのです。「今日はこだわろう。明日は分からない」ではプロになれないのです。こだわりが周囲に明確に伝わると「プロ」と認識されます。

あなたの掟は何ですか?

 

 

3、より高度な技術を習得する歩みを止めない事

何だそんな事?と思うかもしれませんが、トレーナーの皆さん「来年はトレーナーの勉強やーめよ」ってなりますか?恐らくプロはそうならないでしょう。いや、自分の知的好奇心を抑えきれずにそんな事できないでしょう。スクールのプロのあなたには、次はどんな技術を習得するためにどんな歩みが必要ですか?歩みを止めたら不安になるのがプロですよ。今は技術がなかったとしても、覚悟を持って高い技術を追い求めさえすれば身につきます!

 

 

4、プロである自分の存在で誰かが助かっている事

報酬を得ているのがプロという一つの定義がありますが、本物のプロは「お金を頂いた上に感謝される人」と私は定義しています。サービスは対価。それ以上の繋がりは感情。プロは対価を超えた感情でお客様とつながる事ができます。

顧客の印象に残るのは「当たり前の対価以上のもの、一歩先」にあります。それはあなたが陰で努力した事や、こだわりにこだわって追求した先に伝わるものですよ。

 

 

5、楽しそうに見える事!

何を追求するか?それが定まったら「なんて素敵なプロ道」つまりあなただけの人生の始まりです。努力とか追求とか、厳しいな〜と感じるかもしれませんが、私を見ていて思いませんか?「なんか楽しそうだな〜」って。(あれ?見えてない??)

楽しそうなところに人は寄っていきます。あなたがプロとして楽しそうであれば、スタッフもお客様も安心して興味を持ちます。伝わるものなんですよ。

私は毎日楽しくて仕方ありません。確実に進化していると言えるし、やりたいことも成し遂げたい事も明確にあってそれが全部人生に繋がっています。24時間プロ道です。課題をクリアする過程なんて毎日現実世界でドラクエをやっているようなゲーム感覚ですよ。

ちなみにドラクエネームはずっと「ゆうこしゃ」でした。(デフォルトの「ゆうしゃ」を面倒なのでそのままモジってました。ある意味本当に勇者になりそうです)

 

プロ集団の一員として人生を楽しみましょう!みなさんのプロ宣言お待ちしてます!ではまた来週〜

 

 

 

コメントする