続「人事の仕事に必要な能力は?」

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

5月最後の発信・・ということは分社化と同時にスタートしたこの人財開発道も1年が経とうとしています!誰にも見せないプライベートのブログは数年間毎日書いていましたが、オフィシャルとして毎週金曜日のアウトプット習慣が定着したので始めて良かったなと思います。毎週社内発信してくれている2名の支配人、1名のマネージャー。一緒に継続していきましょうね!

 

今週も新卒面接ラッシュ、いよいよ内定の段階になります。2月末から始まった「我武者羅」(なんだか「夜露死苦」っぽい響きですが真面目にです。。)という言葉がぴったりの怒涛の3ヶ月間でしたが、成長する会社の人財開発部ならではの密度の濃い経験をさせてもらい感謝しております。

 


ところで皆さんは自分の健康管理をどのようにしていますか?皆さんの大半は20代なので「特別なことは何も」という方が多いでしょうか。

健康管理はもちろん運動、栄養、休養ですよね。私は来年40歳なので仕事をする上で体調管理は切実な問題。病気のリスク管理という点で遺伝子検査も活用しています。遺伝子検査も様々な会社のものがあって「違う結果が出る」なんて話もありますが・・私は日々の健康管理で大変お世話になっているユーグレナさんの遺伝子検査を選択しました。(ユーグレナさんのサプリは今のところ川口ランキング1位です。体調全般、特に寝起きが全然違います)選んだ理由は石垣島が好きなことと、コンテンツの多さと、開発途中であり常に進化していくので期待とワクワクがあるからです。

解析項目はこちら(詳しくはHPをご覧ください)

これだけの内容にそれぞれのリスクの可能性が示唆されています。結果を全部読むだけで1時間かかりました。凹む項目もありましたよ。

面白かったのは「運動・ダイエット」や「スキンケア」で、実は〇〇な体質だったとか!ここ数年健康診断で必ず引っかかる項目の発症リスクが一番高かったり、視力聴力など納得する項目も多く、あながち的外れでもないと感じます。医療というよりエンタメ的に捉えた部分もありますが、それでも数値でリスクを見るとかなり自分事として捉えられ、具体的に行動が変わりますね。2年前、夢を叶えるための願掛けでお酒をやめましたが、遺伝子的にその選択はGOODでした。本能なのかなと思っちゃったりしますね〜

「祖先解析」では母方の祖先のルーツが見れますよ!神秘ですね。興味のある方はどうぞ。

http://www.euglena.jp/myhealth/gene/special/001/?trflg=1

 


さて先週の続きである人事に必要な能力。教育・評価について本題に入りましょう。

教育者のマインドは前回お伝えした「自身のアップデート継続」「相手の変化にフォーカス」「100%の自責」です。今回はスキルのお話です。

 

教育・評価をわかりやすく表すとこのようになります。

 

教育はマインド・スキル・ナレッジの三重奏です。三位一体と同じで全てを大きくすることで成長を促すことができます。

教育に必要なスキルは現状把握力、誰に何のスキルが必要で、どの方法で伝えるのが良いか?というプログラミング力と実行力です。

以下の研修・環境支援・学習支援の3つは網羅する必要があります。

教育=研修、OJTと思いがちなのですが、当社でいう1分面談や、委員会活動での理念浸透も教育には必須項目です。冒頭で紹介した遺伝子検査の結果などは、現状把握の良いツールになりますね。業務でいう現状把握ツールは「業務リスト」です。あるべき姿と現状の自分のギャップを知ることで次の行動が明確になります。これも教育に必要な考え方ですね。

今おもてなし向上委員会で取り組んでくれている「気遣い」に関するマニュアル作成もここに含まれます。メンバーのKさんとKさん、自主的に動いてくれて本当にありがとう!

 

それを加味して各階層毎のプログラミングです。先日皆さんに配布したこちらの

研修年間スケジュールがそれに当たります。縦軸に日程と項目、横軸に階層別育成該当者。1年で誰がどこまで成長する、そのためにこの項目は必須。というゴールまでのストーリー設定が明確であることがポイントです。

社内で行う研修と、外部講師を招くもの、皆さんに行ってもらうもの、それぞれの階層毎にベストな内容が組み込まれておりますが、全て私が吟味した選りすぐりの内容です。人事希望の方には良い研修を選ぶ眼、社会全体でどういった流れなのかを知っておくこと(ナレッジ)が求められます。とりあえず体当たりしていくことで確実に見る眼が養われ、全部財産になります。私もいまだに大量のハズレ経験を更新中ですよ。まず外に出ましょう。

 

 

続いて評価です。

CANは持っている能力

MUSTはやらなくてはならない責任

WILLは今後できるようになりたいこと

 

対象者にMUSTを熟知してもらい、CANを正しく理解した上で、WILLに必要なことを提示して導くまでが評価の役割です。具体的には・・

1、仕事理解(各階層のMUST(会社が求める責任と能力の基準)の熟知)

2、自己理解の促し(自己評価と他者評価のギャップを埋める)

3、目標設定(次の行動と評価基準の合意)

 

私の現在の組織における課題認識としては、1の仕事理解が実はまだまだであるというところです。ちょうど2000文字を超えましたので・・

続きは6月のアカデミーをお楽しみに!また来週〜

最新情報をチェックしよう!
>株式会社cocoraise

株式会社cocoraise

〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2丁目34-1 セントラル名古屋1101    (TEL)052-766-5968/(FAX)052-766-6315                                 ★サービス業におけるマネジメント研修 ★CS研修 ★職能別人事考課策定 ★階層別研修 ★新卒採用代行 ★研修内製化に伴う社内講師育成 ★女性管理職育成 ★企業内キャリアコンサルティング ★ビジネスコーチング

CTR IMG