男のたしなみ ビジネス初級編

みなさんこんにちは、

人財開発部の川口です。

予約ミスで公開が遅れてしまい・・

大変失礼いたしました。

本日は予告通り、

「たしなみ」

をテーマにしていきましょう。

まず質問をいただいた男性編です!

通常の出勤時などと違って、

セミナーに行く時、

営業に行く時など、

いざという時に外に出ても困らないように、

参考にしてくださいね!

まずは今の季節にぴったりの常識!

男のたしなみ その1

ネクタイを外しただけのスタイルは

クールビズではない。

 

本来スーツはネクタイとセットです。

シャツもネクタイ仕様になっています。

クールビズならばジャケパンなど、

別のコーディネートにしましょう。

男のたしなみ その2

半袖シャツはオフィシャルではない

ワイシャツが長袖な理由は

「無駄なものは見せない」

というものです。

普段はよいですが、

オフィシャルでは適しません。

男のたしなみ その3

サイズ感

服はサイズ感が最も大切です。

肩幅と丈が合っていること

首と袖からシャツが見えていると、

清潔感を与えます。(1〜1.5cm)

男のたしなみ その4

ポケットに物を入れない

鞄を机・椅子の上に置かない

スーツはポケットに物を入れると、

形が崩れて見栄えが悪いです。

名刺入れなどは内ポケットに。

鞄は下に置くのがマナーです。

よって机の上に置くのは論外、

椅子の上にも置かず床に置きましょう。

「立たない鞄はNG」です。

食事などに行って財布をテーブルに置くのも、

マナー違反と心得ましょう。

男のたしなみ その5

雑談力

お互いそう親しくない間柄の人と、

数分間時間を過ごすシーン。

そんなときどんな話をしますか?

数分間の雑談が出来ることもたしなみです。

天気、趣味、土地に関する事など。

男のたしなみ その6

レディーファースト

仕事の場面では男女平等です。

しかし、肉体的には女性は弱く、

守るべき存在です。

男性の皆さん。

店の出入り口、エレベーター等、

我先にと飛び出していませんか?

女性が乗っていたら先に通しましょう。

(職場では不要ですよ笑)

男のたしなみ その7

聞いている時の表情

無表情の時こそ素が出るものです。

ビジネスシーンにおいては、

聞いている話に合わせてリアクションを。

椅子にもたれる、後ろ体重はNGです。

若干前かがみになって聞くと、

興味があるサインになります。

男のたしなみ その8

臭いに気を遣う

当社は完全禁煙なので、

タバコの臭いはないと思いますが、

スーツで飲食店に行った日などは、

必ず臭いを取るケアをしましょう。

(脱臭スプレー・陰干しなど)

臭いは相手の五感に直結するので、

気を使いましょう。

香水をプンプンつける必要はありませんが、

汗、口臭などはケア商品が沢山ありますね。

男のたしなみ その9

姿勢

猫背、歩く姿勢は、

自分が思っているより見られており、

そして人に与える影響が大きいです。

歩いている時のスピードも、

遅いより早めの歩き方のほうが、

印象が良いです。

男のたしなみ その10

身だしなみのセオリー

①スーツ

黒スーツは不向きです。

(就活って感じですね)

紺かグレーを選びましょう。

1着目はやはり紺がオススメです。

グレーは優しさや協調性という印象を与え、

紺よりカジュアルです。

王道はストライプですが、

ストライプの幅が極端に広いと、

太って見えたり小さく見えたり、

カジュアルな印象になります。

今スーツを1着・2着持っている人は、

「ここぞ用」を持っておくと安心です。

スーツもピンキリですが、

年収の100分の1

を目安にしましょう!

良いスーツは生地が違って、

やはり見ると全然違いますよ。

(写真はゼニアのスーツです。かっこいいですね〜)

生地も夏と冬では違います。

夏は薄手であったり麻、

冬はウールのものが多いです。

夏と冬できちんと分けましょう。

人に会う時のスーツのボタンは、

立っている時ははめる、

(二つある場合は上のみでOK)

座った時は外す、

がオフィシャルです!

②Yシャツ

シャツの色は薄い青と薄いピンクがあれば

着回しができますね。

もっとも格が高いのは

真っ白なシャツです。

素材は綿100%がgood。

シャツの上にジャケットを着た時、

剣先はジャケットに隠れると綺麗です。

(ポケットのないシャツを着ていると格が高く見えます)

シャツのカラーには

セミワイド、ワイド、レギュラーがあり、

セミワイドがベストです。

ビジネスでは

色の濃いシャツは不向きです。

ネクタイをつける時は、

襟が二重になっていたりするのはミスマッチ。

サイズ感のところで述べましたが、

シャツも首の合っていないシャツはNG。

③靴

靴はとにかく

「磨いてあること!」と

「かかとが磨り減っていないこと」です。

紐の付いているものが基本。

黒とブラウンがあると便利です。

ベルトと靴はカラーを合わせましょう。

ビジネスシーンにおいて、

明るい茶色はNGと言われます。

靴の値段はスーツの3分の2を目安に。

高いな〜と思うかもしれませんが、

靴はよく見られますし、

良いものを複数履き回しながら、

大切にケアすると長持ちします。

④鞄

鞄も皮のケアをしましょう。

底、側面のすり減りに注意。

マナーの面でも、

立たないカバンはNGです。

⑤ネクタイ

ネクタイで印象操作できます。

まずは色ですね。

あなたは何色が好きですか?

好きな色ばかりつけてしまいがちですが・・

品をよく見せたいなら茶色など。

優しく見せたいならピンク

強さを出したいなら

爽やかさなら

柄に関しては、

小さな柄は、誠実で真面目。

ストライプはエネルギッシュ。

ドット等はクリエイティブ。

というように、色と柄で印象が変わります。

営業なら爽やかで安心を与える青ストライプ、

気合の入ったプレゼンなら

絶対に落としたい数値の説明なら

というようにシーンに合わせましょう。

注意点

謝罪の時は紺のみです!

無地か小さな柄で、光沢のないものを。

そして・・・

長さはベルトの下です。

短くてもおかしいし、

インしてもダメで〜す笑

ということで、

必要最低限の「初級」を紹介しました。

ご参考まで〜

最新情報をチェックしよう!
>株式会社cocoraise

株式会社cocoraise

〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2丁目34-1 セントラル名古屋1101    (TEL)052-766-5968/(FAX)052-766-6315                                 ★サービス業におけるマネジメント研修 ★CS研修 ★職能別人事考課策定 ★階層別研修 ★新卒採用代行 ★研修内製化に伴う社内講師育成 ★女性管理職育成 ★企業内キャリアコンサルティング ★ビジネスコーチング

CTR IMG