現代の若者が抱える困難と新入社員がつまづく事とは?

新入社員の教育方法についてお悩みの企業が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、新入社員が抱える現代の若者ならではの困難やつまづき方をご紹介いたします。

新人社員を育てるためには、まずは現代の若者の心理や抱えている困難を理解する必要があります。

新人社員が感じる「つまづき」とは

新人社員教育は企業が成長するのに欠かせないことであるため、簡単にはいきません。

新人社員がつまづくことは、会社の課題でもあります。

「ちゃんと新人研修をやっているのに新人社員が育たない」「すぐに早期退職をしてしまう」と悩んでいる会社は、ちゃんと新人教育をしているつもりでも、できていない。あるいは、時代に合っていない新人教育を行っている可能性があります。

例えば、分かりやすいマニュアルを用意しておらず、研修も行わない「見て覚えろ」という新人教育の方法や、「俺の時はこれくらいできて当たり前だった」など、自分の物差しで測るような教育のやり方です。

このような時代遅れの新人教育のやり方では、新入社員は職場に対して不信感を抱き、早期退職に繋がってしまいます。

新人教育で新入社員を育てるためには、現代の新入社員が抱える背景を理解する必要があります。

コミュニケーションが苦手な若者たち

現在 就職活動を行っている人は1990年代生まれの方です。

1990年と言えば、携帯電話やポケットゲーム機の登場など現代に繋がるITの発達が著しかった時代でもあります。

この世代の特徴はコミュニケーションの取り方の変化が挙げられます。

これまで直接会って会話をしたり、電話や手紙といった方法でしか相手とコミュニケーションがとれませんでしたが、1990年代頃から携帯電話やパソコンが一般家庭に普及したことで、直接相手と顔を合わせて会話をしなくても、メールなどを利用した簡単な文章でコミュニケーションが取れるようになりました。

そのため、現代の新人社員はネットを通じたコミュニケーションしか知らないという人が多いため、仕事のミスや分からない点を直接上司や先輩に相談する術を持ち合わせていないのです。

このこともあって、新人社員は人間関係でまずは躓いてしまうので、新人社員と歳の近い社員に教育を任せたり、頭ごなしに怒鳴らず順序だてて説明するなど、コミュニケーションの取り方を学べるように配慮が必要です。

まとめ

新入社員はまず、上司や部下とのコミュニケーションの取り方でつまづいてしまいます。

そのため新入社員がコミュニケーションの取り方を学び、報告・連絡・相談をスムーズに行える新人研修が必要です。

新入社員を早期に戦力化したい経営者・幹部の皆様へ

株式会社cocoraiseでは「新入社員がいち早く戦力化する強い組織作り」のエッセンスを採用・教育・評価・配置に分けてメルマガで配信していきます。

是非ご登録ください!10秒で完了!

https://maroon-ex.jp/fx125145/hMkajG

最新情報をチェックしよう!
>株式会社cocoraise

株式会社cocoraise

〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2丁目34-1 セントラル名古屋1101    (TEL)052-766-5968/(FAX)052-766-6315                                 ★サービス業におけるマネジメント研修 ★CS研修 ★職能別人事考課策定 ★階層別研修 ★新卒採用代行 ★研修内製化に伴う社内講師育成 ★女性管理職育成 ★企業内キャリアコンサルティング ★ビジネスコーチング

CTR IMG