強い幹部チーム作りの秘訣

組織作りには、強い幹部チームが必要ですが、これがなかなか難しいのが現実です。

「うちの幹部は仲が悪くって…」「育ったと思ったら他社に行ってしまう」と嘆く会社も多いのではないでしょうか?

強い幹部チームを作るためには、幹部の考え方や“新陳代謝”を促す必要があります。

では、具体的にどうやって強い幹部チームを作れば良いのでしょうか?

組織の課題を解消する強い幹部チームの作り方

「あなたの組織の課題は何ですか?」という問いに、

  • 社員に当事者意識がない
  • 社員に会社のミッションやビジョンが伝わっていない
  • 社員の成長スピードが遅い など

様々な課題を答える経営者やリーダーが多く見受けられます。

強い幹部チームは、まず幹部が仕事を楽しめる仕組みを経営層が作る事。社員が幹部に憧れ「ああなりたい」と思える土壌を真剣に構築しましょう。

そして幹部は社員が喜んで仕事をする組織を作ることで、社員のパフォーマンスを引き出し業績アップに繋がります。

では、組織を作る強い幹部チームはどうやって作れば良いのでしょうか?

3つの秘訣をご紹介いたします。

1、全体を見て仕事をする

会社を支える幹である幹部が見る全体は、マネージャー時代に見ていた全体とは範囲が大きくことなります。

例えば一つの方針を打ち出した時に、「自部門は成果が出せるのか」ではなく、「全社の業績向上に繋がるのか」という感覚が求められます。

とはいえ、いきなり全体は見えませんので合宿など非日常の場を用意して視座を一気に変える仕掛けが有効です。

2、幹部同士が連携する

1の全体を見て仕事をするためには、幹部同士が連携する必要があります。

一見連携しあっているように見えても、連携していないことが意外に多く、他部門を批判しあう姿も珍しくありません。

「幹部同士が仲が悪いので」と嘆くのではなく、幹部同士の相性も考慮することで、幹部同士が連携して全体を見渡すことができます。

これも、日常の延長ではなく、場を変えた研修やワークなどでそれぞれが持つ価値観や世界観を一新する仕掛けが有効です。

3、経営幹部の新陳代謝を促す

組織は外から新しい血が入ってこなければ、どこかで必ず停滞してしまいます。この場合、社内外を問わずに幹部を新しく迎えることが大切です。

例えば、トップは変わらず経営幹部は新陳代謝を促すという考え方を持つことで、停滞しない強い幹部チームを作ることができます。

まとめ

強い幹部チームを作るためには、幹部同士が全社を見渡すという考え方で全体を見ることが重要です。

幹部チームが何らかの停滞を感じたら、社内外を問わずに“新しい血”を迎えると、幹部チームの循環が良くなり、これまで感じていた困難や課題を解消するきっかけになる場合もあるので、強い幹部チーム作りを目指している方は、今回ご紹介したことぜひ参考にしてみてください。

合宿や研修ってどうやるの?

はい、その場合は弊社にてご相談を承ります。お問い合わせは http://www.cocoraise.co.jpまでお気軽にどうぞ!

メルマガも是非ご登録ください。

https://maroon-ex.jp/fx125145/hMkajG

最新情報をチェックしよう!
>株式会社cocoraise

株式会社cocoraise

〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2丁目34-1 セントラル名古屋1101    (TEL)052-766-5968/(FAX)052-766-6315                                 ★サービス業におけるマネジメント研修 ★CS研修 ★職能別人事考課策定 ★階層別研修 ★新卒採用代行 ★研修内製化に伴う社内講師育成 ★女性管理職育成 ★企業内キャリアコンサルティング ★ビジネスコーチング

CTR IMG