人間関係の感性を磨きましょう(前編)

 

みなさんこんにちは、人財開発部の川口です。

 

今日は皆さんお馴染み「人間関係の感性を磨きましょう」というテーマで雑談からスタートです。

いつもと指向を変えて、まずはある接客サービスの様子を紹介しますので読んでみてください。最後に問題があります!

(3分程度で読めます)

それでははじまりはじまり〜

※名称は架空のものです

 

 

美容院カルマでの出来事


登場人物

主人公 愛さん

 

大事な友人のパーティーに招かれていたが、ついうっかり美容院を予約するのを忘れていた。

行きつけの美容院は予約でいっぱい。慌てて探すもなかなか空いていない。唯一予約が全く入っていなかった美容院カルマを見つけ、予約。初めての店で不安はあったが仕方がない。

ドレスアップした状態で予約時間15分前に店に訪れた。

 

美容院カルマ 店長 田中

小太り。ファッションのテーマはない(普段着感)

無表情で暗い印象

美容院カルマ 副店長 松田

今回愛さんの担当。

表情があまり変わらずポワンとしている。

ゆったりした雰囲気。

 

 

 

美容院カルマ アシスタント 佐藤

徹底した無表情。

物を扱うときに音を立て不貞腐れたような動きをする。


「予約した愛です」

(小さい店なのね・・・うっ蒸し暑いぞ)

 

「はい、お荷物お預かりします、こちらの鏡の前へどうぞ」

 

(あれ、初めてなのにヒアリング的なことはないんだ)

(この店の人、誰も目が合わないな・・全員顔が怖い。仲が悪いのかな)

 

「今日はセットですね、ケープ失礼します」

 

「はい・・」

(あぁ。あなたが担当なのね・・ていうか暑い)

(背中の汗でドレスが汚れたら嫌だな)

 

(アシスタント佐藤さんは無表情のまま、隣で大きな音を立てて片付けをしている)

 

「どんな感じにしますか〜?」

 

「この写真の通りにお願いできますか?」

(写真を見せればその通りやってくれるであろう)

 

※実際に見せた写真↓

シンプルなので40分くらいで完成するかなと。

(しかしなんだ?この居心地の悪さ・・有線の古いラジカセみたいな音質か?キャンディみたいな匂いか?壁紙のちぐはぐ感か?・・置いてあるものの全体的なチープ感なのか・・?自分のミスを著しく後悔・・・)

 

「はい、ではサイドに編み込みとか入れて耳より少し上でまとめる感じでどうですか〜」

 

「そうですね、そんなに時間かからないですよね」

(ん?セットで予約したのにホットカーラーが見当たらないな)

(カールの太さが命なので見たかったんだけど・・)

 

おもむろに細目のコテで巻き出す。髪から湯気が・・

 

「ん?セットなのにこの長さをコテで巻くんですか?その太さで写真のようになります?」

(髪が傷むからそのメーカーのコテは嫌なんだけども・・)

 

「あ、大丈夫ですよ」

 

「一応、写真ここに置いておきます」

(いやいやどう考えても、B-BOYに憧れて田舎から出てきてドレッドにしたら、チリチリ縦巻きになっちゃった人みたいじゃん、でももう時間がないから経過を見守るしかない・・どうリカバーするか考えよう。)

 

※極端だけどこんなイメージ

 

 

セット中の出来事

愛さんはあまりにも受け入れがたい現実に戦意消失。出発リミットまであと40分しかない。こうなったら面白話の材料として観察に徹する事に切り替えた。

 

電話が鳴る

店長田中さん

ガムを噛んだまま出た。足元は靴を半脱ぎし、片足重心でぶらぶらしている。(のが鏡に映っている)

アシスタント松田さん

相変わらず無表情のまま別のお客さんのシャンプーへ行く→お客さんを横にしながら鏡で自分の顔や髪型を無表情のまま凝視(この後5分に1回はそれをくりかえす)

愛さんは暑すぎてジェスチャーをしてみせるも、3人とも誰も気づかない・・

 

「今日は雨なのでカールが取れないように固めておきますね」

(あれ、編み込みって言ってたけどそれ三つ編みだよな・・取れる以前に今カールが存在してないけどね)

「一度見てもらってもいいですか〜」

 

 

え!!!

 

後頭部にちまきが2つ張り付いてる!?

注)ちまき↓(もちろん例えです)

三つ編みした結び目が固く二つ固定されている!

 

「えーっと・・あの、オーダーはこの写真の通り、耳より上の位置にボリュームのあるカールされたポニーテールベースですよね」

(あまりの驚きに混乱、現状が理解しがたい)

 

「あ、もうちょっと上のほうがいいですか?」

 

「えっと、まず位置の話をしたら今耳よりだいぶ下で固定されてます?あと、ふわっとした仕上がり希望なんですが二つ塊が固く張り付いてるように見えるんですが・・」

(ちまき・・私は今、頭にちまきをつけている)

 

「もうちょっと上の方にすることはできますよ」

「あの、このまま進んでこの写真になります?時間も迫ってるのでもし無理なら一度崩してもらって一番簡単にできるまとめ髪に切り替えてもらってもいいです」

(位置の問題じゃなくって、ちまきの話・・)

 

店長はすぐ横で揉め事に気づかないふりをしている

 

「大丈夫ですよ〜高い位置にボリューム出せます」

 

 

愛さんは、3Aのうち早々に2つの許容範囲を超え(呆れる・諦める)浮かんでは消える怒りや落胆や後悔を払拭するように瞑想に入った。最近運気を落とす言動がなかったか振り返っていた。

 

「◆=※△☆〜」

(このタイミングでなぜか軽く世間話が始まるも、瞑想中につき内容は記憶されていない)

 

「やり直しました!ご確認いただけますか?」

.

 

・・・

今度はアンモナイトがついとるやんけ!)

(もうちまき以上の驚きがない自分が怖い)

(なんでこうなった・・)

 

注)アンモナイト

 

「えっと、時間なのでもうこれで大丈夫です」

「では、お会計お願いします〜5,200円です」

(くぅっ・・支払い後無言で店を後にする・・)

 

 

はい。以上の出来事。事前期待がそこまで高くないのにそれを下回るという、大変珍しい事例でした。愛さん持ってますよね。

 

ここで考えて欲しいのは

①「おしゃれな店」は期待値に入っていなかったにも関わらずどこで不満のボーダーラインを下回ったか?

②ここに感性の高い人がいない理由は?

③もしあなたがこの店を任されたら何から実行する?

④セットの相場は5,000円だがこの店の適正価格は?

 

この4点です。ぜひコメント欄からあなたの感性を教えてください。

次回は人見知りの方必見!人間関係の感性をテーマにします!

[contact-form-7 404 "Not Found"]

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>株式会社cocoraise

株式会社cocoraise

〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2丁目34-1 セントラル名古屋1101    (TEL)052-766-5968/(FAX)052-766-6315                                 ★サービス業におけるマネジメント研修 ★CS研修 ★職能別人事考課策定 ★階層別研修 ★新卒採用代行 ★研修内製化に伴う社内講師育成 ★女性管理職育成 ★企業内キャリアコンサルティング ★ビジネスコーチング

CTR IMG