【特別編】質問に答えます!vol.4「女性の心を掴みたい」

 

こんにちは、

人財開発部の川口です。

 

 

相談窓口を開設してから、

ちょいちょいご利用いただくようになり

嬉しいです。

私直通の窓口ですので

お気軽にご利用くださいね!

 

 

本日は特別編、

頂いた質問に答えます!

完全に個人の主観で、

オフィシャルではありません〜

 

 

 

質問

女性の心が掴みたいです!

変な意味ではなく、お客様にもスタッフにも

(家族にも)女性が多いので、

良好な関係を築くコツが知りたいです!

 

 

回答

なんと!素敵な質問をいただきました。

多様性をテーマにしている中、

相互理解の姿勢はとても嬉しいことですね!

 

 

恐らく、今や一般常識になりつつある

 

「まず共感をしましょう!」

「結果よりプロセスを認めて

 褒めましょう!」

 

といった回答ではなく、

 

「スイーツを贈りましょう」

というテクニック的な話でもなく・・・

「本質を理解したい」

という質問だと捉えて真面目に回答します。

 

 

 

男性の皆さんに

「女性の何が謎?」

とヒアリングしてみましたら、

 

 

「言うことがコロコロ変わる」

「脈略なく急にキレる」

「感情が高ぶって論理破綻する」

「会話の最中に急に過去の話、

 急に細部の話に飛ぶ」

 

といった声がありました。

(手厳しい意見をピックアップしました。

 耳が痛いです)

 

 

ここからは試行錯誤してきた私の考えですが・・

男性が持っている「女性の謎」を、

二つに分ける必要があります。

 

一つは「ホルモン」

一つは「思考の訓練」

です。

 

 

 

まずホルモンについて

 

ビジネス社会は

男性ルールで動いています。

当社も働き方改革は進んでいますが、

体力にしかり、時間にしかり、

コミュニケーションにしかり、

前提として

 

「女性が寄せていく」

という暗黙の了解があります。

つまり、

 

 

男性→これまでの縦社会の延長

女性→急に別世界に飛び込む

ということですね。

 

 

 

当たり前だ!

 社会は厳しいんだぞ!

 

 

はい。

皆よーく理解しております。

今日はあえてそれを十分理解した上で、

 

「女性の心を掴む為に

 まず女性を理解してみよう!」

 

という事で、

男性の皆さんに材料を提供します!

(ごめんなさい・・今回は恋愛とかではなく

 「仕事」についての回答です笑)

 

 

参考までに

「社会で仕事をする女性という役割」

において、

私が努力していることを紹介します。

(「社会の仕事」も「家事」も

 「子育て」も、役割の重さは同じです!)

 

 

 

①毎朝、仕事のカレンダーより先に

 「ルナルナ」で、

 (女性の体調管理のアプリです)

「今日の私は良い・ダメ」

等を見て、

その日のスタンスを確認する。

 

 

理由はこれです!

 

 

女性は綿密には

「28の人格がある」

とも言われるくらい、

多かれ少なかれホルモンの変動に

影響を受ける生き物です。

ホルモンは

思考にダイレクトに影響

します。

 

 

 

赤の「プロゲステロン」が下がる時は

イライラ期です。

 

青の「エストロゲン」が高い時は

絶好調期です。

 

同じ案件でも、

この増減で道筋が変わるなんて可能性が、

あったりなかったり・・!

 

 

この変化を「あまり意識していない」

という女性もいらっしゃるかもしれませんが、

無意識でも身体ではこういった変化が

毎月起きており、

個人差ありますが体重も変わるし、

肌質も変わります。

これに「生理痛が重い」となると

ダブルパンチな訳です。

 

女性クライアントを抱える皆さんは

理解が深いかもしれませんね。

 

 

②ホルモンに翻弄され数々の失敗を重ね、

知恵をつけた結果・・

 

絶好調期

主要の仕事を詰めまくる、

多少の無理もOK!

人と会話を多くする、

次月の予定など先の事を考える

食べたいものを食べ、

トレーニングもきつくて良い

 

 

不調期

ケアをしっかりして睡眠確保

大事な決断を避け、

人と接する時は細心の注意

糖質・刺激物を避け、

何事も優しいものを選ぶ。

 

 

というように、

毎月行動を綿密に計算して、

社会の中の私という

役割を保っております。

 


 

 

一方男性はというと、

ほぉ〜美しい一直線ですね〜笑!

 

 

男性の皆さん、

・寝不足で怠い、今日は早く帰りたい・・

・風邪が長引いていて、体が重い、

 しかも微熱!

という状態を想像してください。

 

 

正常な判断をする為に、

一旦ワンクッション必要では

ないでしょうか?

女性には強弱はあれど

その状態が無条件に容赦なく

 

毎月襲ってくる!

それが女性の抱えるホルモン問題です。

 

 

「あれ、前と言ってることが違うな〜」

「なんで今突然キレた!?」

 

これらの事象が起きたときは、

 

「ホルモンの影響かもな〜

 いや、そうに違いない。」

 

と温かい目で一息置いて頂き、

あわよくばですね・・

 

「次いい波が来るまで様子見しとくか!」

と見守り、

多少のご配慮いただけました暁には、

女性にとっての「太陽」として

心を掴むきっかけになるでしょう。

 

 

そうなると、

女性はますます頑張り、

周囲をよく観察し、

コミュニケーションをよくとり、

チームになくてはならない働きを

するに違いありません!

 

 

 

なんてわがままな生き物なんだ!!

とお思いなのは

100も承知でございますが、

女性もわかっているのです。

「あ、言った事、

 前回と変わっちゃってるかも・・」

「なんであんな事でキレちゃったんだろう・・」

と、後でこっそり反省もしている訳です。

 

 

言ったことは取り消せないのが

社会のルールですから、

外では必死に抑えようと頑張っているのです。

(みなさんの家庭の中は知りませんよ笑)

 

 

ここはぜひ、男性は女性を

そういうものなんだ

と理解した上で、

受容してあげてください。

 

本当の意味での共感

感じてもらえると思います。

ぜひ良好な関係作りに

チャレンジしてください。

男性も女性も輝く会社にしましょう!

 

 

そして、身近な女性にこういう傾向がないぞ!

という男性の皆さん。

その女性は「普通」ではなく

頑張っています。

甘やかして下さいとも言いませんし、

君はすごいね〜なんて言わなくてもいいので、

 

大切にしてあげてくださいね!

ちなみに私は南国系のフルーツとチョコレートが大好物です笑

 

 


 

続いて思考の訓練について

 

もう一つのジャンル、

思考についてですが、

「感情が高ぶって論理破綻する」

「会話の最中に急に過去の話、

 急に細部の話に飛ぶ」

(これは男女は関係なく存在しますが・・)

 

この原因は

「論理的思考に触れる場数の差」

です。

男性の場合

「将来仕事をする前提」の教育だったり、

自然と縦社会に入る事で

身に付けている事が、

女性に関しては、

日頃のコミュニケーションが

基本横なので、

感情豊かな共感力や会話力、

察する力や直感は磨かれていくけれど、

論理的思考というチャンネルは

意図しなければ縁がない

傾向があります。

 

 

なので単純に

「論理的思考初心者」

なだけで、

女性だからという理由だけではありません。

 

安心してください。

これは訓練で誰でも簡単に

伸ばす事ができます!

私も目下訓練継続中!です。

 

 

 

ここからは女性へのメッセージです。

 

ホルモンの波を乗りこなし、

これから結婚、出産、育児、介護・・

様々な波が続きますね。

 

「論理的思考」はそれらの波を乗りこなす

優秀な板です。

板を手に入れ、

グレードアップしていけば、

どんな荒波もスイスイと

乗りこなせるようになります。

仕事に限らず、すべての面で視界が

開けるのを感じるはずです。

 

 

板はただの道具です。

あまり苦手意識を持たずに、

「ちょいとサーフフィットやってみるか!」

くらいの気持ちで良いと思います。

これからもそういう機会を

提供して行きますね〜!

 

最新情報をチェックしよう!
>株式会社cocoraise

株式会社cocoraise

〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2丁目34-1 セントラル名古屋1101    (TEL)052-766-5968/(FAX)052-766-6315                                 ★サービス業におけるマネジメント研修 ★CS研修 ★職能別人事考課策定 ★階層別研修 ★新卒採用代行 ★研修内製化に伴う社内講師育成 ★女性管理職育成 ★企業内キャリアコンサルティング ★ビジネスコーチング

CTR IMG